FC2ブログ

12月議会、最終日の討論

1月21日(金)の12月定例会議の最終日。
討論したのは4人。
12月、第2庁舎の生垣
私の討論は以下の通り。

日本共産党厚木市議員団を代表して、
請願第3号 安全・安心の医療・介護の実現と
夜勤交代制労働の改善を求める意見書を
国に提出することを求める請願
請願第4号 「介護労働者の労働環境及び処遇の改善」のために
国に対し意見書の提出を求める請願
陳情第24号 横田ラプコンの撤廃を求める意見書を
国に提出することを求める陳情
の3件について賛成討論を行います。

まず、請願第3号 安全・安心の医療・介護の実現と
夜勤交代制労働の改善を求める意見書を
国に提出することを求める請願
      
及び
請願第4号 「介護労働者の労働環境及び処遇の改善」のために
国に対し意見書の提出を求める請願
  です。

この2件は、これまで何度も出されている請願です。
県内の自治体議会でも、採択が増えています。
高齢化が進み、医療・介護の需要が多くなっている中、人員増を含めた労働環境の改善は急務です。今すぐ実現できないからと言って、手をこまねいていていいのでしょうか。
これまでも、厚木市議会で全員賛成で出した意見書が、すべて実現しているとは限りません。声を出さなければ聞こえない。行動しなければ実現しない。
理事者がよく使う「国の動向を見て」との言葉は、行政として言わざるを得な
いことがあるかもしれません。しかし、こと、私たち議員が、住民の切実な訴
えがあったとき、軽々に使う言葉であってはならないと考えます。

次に、陳情第24号 横田ラプコンの撤廃を求める意見書を
国に提出することを求める陳情
 です。
国内線の発着回数が1日約1000回にのぼる東京・羽田空港に、西から進入する航空機は、東海沖から房総半島を経由して旋回し着陸します。離陸も、急上昇して東京湾で高度を確保してから西向きに飛行します。
こうした、遠回りで時間も燃料費もかかる非効率的な飛行を強いられているのは、米軍横田基地が航空機の管制業務を行う、進入管制空域が存在しているからです。
この空域は横田レーダー・アプローチ・コントロール、横田ラプコンと呼ばれ、北は新潟県から南は静岡県まで1都9県に及びます。高度は約2400メートルから約7000mまで、階段状に6段階の高度が設定されています。民間機は米軍の許可がなければこの中を飛ぶことができません。
航空管制業務を米軍に認める法的根拠がないにも関わらず、日米地位協定第6条1項を受けた、日米合同委員会の合意のみによっているものです。
日米両政府は2006年5月の在日米軍再編ロードマップで「横田空域全体のありうべき返還に必要な条件を検討する」ことを盛り込みましたが、その動きは全く見られません。
一方、ドイツでは地位協定の改正で空の主権を確立しています。米軍の飛行もドイツ航空管制が原則としてコントロールし、空域での訓練はドイツ航空管制の事前許可が必要であるとのことです。

日本の空は、いったい誰のものなのでしょうか。

2016年、全国知事会は在日米軍基地に係る基地負担の状況を、基地等の所在の有無にかかわらず広く理解し、都道府県の共通の理解を深めることを目的として研究会を設置しました。そこで課題を確認し、国民の生命、財産や領土・領海等を守る立場から、今年7月に、4項目から成る「米軍基地負担に関する提言」を出しました。

1 米軍機による低空飛行訓練等については、国の責任で騒音測定を増やすなど必要な実態調査を必ず行い、関係自治体や地域住民の不安を払拭したうえで実施されるよう、十分な配慮を行うこと

2 日米地位協定を抜本的に見直し、航空法や環境法令などの国内法を原則として米軍にも適用させることや、事件・事故時の自治体職員の迅速かつ円滑な立ち入りの保障などを明記すること

3 米軍人等による事件・事故に対し、具体的かつ実効的な防止策を提示し、継続的に取り組みを進めること
また、飛行場周辺における航空機 騒音規制措置については、周辺住民の実質的な負担軽減が図られるための円滑な運用を行うとともに、同措置の実施に伴う効果について検証を行うこと

4 施設ごとに必要な使用状況等を点検したうえで、基地の整理・縮小・返還を積極的に促進すること

全国47都道府県知事は、それぞれが様々な政党に所属するなど、立場はいろいろです。それでも、住民の生活に直結する重要な問題であるとの共通認識をもち、国に対して声を上げていくことがなされています。

私たち地方議員は、住民の実態を、間近に知ることができるという立場にあります。国政における政党の違いがあろうとも、住民の生活に直結する事柄について、より良い方向へと向かうように声を出していくべきではないでしょうか。

以上、私の賛成討論といたします。
スポンサーサイト



  1. 2018/12/21(金) 12:56:02|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「一杯で 消える未来と 消せぬ罪」 年末の交通事故防止パレード | ホーム | 厚木市長選のこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1688-208b9514
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)