FC2ブログ

厚木市長選のこと

来年2月の市長選挙を前に、「誰が出るの?」と喧しい厚木市内。
市長の任期の期数を連続3期までとの努力規定とした条例を持つ厚木市です。
条例制定時に反対したのは党議員団だけ。
「首長は期数のみでは測れない」、「市民が決めること」として反対しました。
12月の朝霧

12月議会の一般質問では、次期市長選へ向けた思いを現市長に問う場面がありました。
市長は「条例は誰よりも理解している。現実は、バトンタッチの難しさをひしひしと感じる。重い決断をもって、、市民の皆さんに問うていきたい」と、出馬を表明。

そして。
前回、前々回と市長選を闘った二人が、三度目の闘いになる様子。

その他に誰が出るか、噂はあちこち、いろいろありますが。
12月の夕焼け

理屈と膏薬はどこにでも付く―と言われますが、真実は一つ。
見方はいろいろでも現実は一つ。
首長の姿勢で市政の方向が変わりますから、しっかり選ばなくては。
その行政を監視する議員を選ぶのも、自分たちの暮らしを選ぶことになります。
来年は選挙イヤーです。
一人ひとりが投票率アップに努めましょう。
スポンサーサイト
  1. 2018/12/18(火) 15:31:40|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<12月議会、最終日の討論 | ホーム | 12月定例会議、一般質問の登壇>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1687-bb24ac5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)