FC2ブログ

広報広聴委の行政視察。三池炭鉱で、「がんばろう」を歌う

10月23日(火)・24日(水)の2日間、厚木市議会広報広聴特別委員会では、大牟田市へ行政視察を行いました。


23日は大牟田市役所へ。
視察事項は「議会報告会について」。
第13回議会報告会を来月に控え、他の議会の様子を知ることで、自分たちにどう活かしてしていけるか。

大牟田市議会の議会運営委員長の徳永治夫議員と、当委員会委員長のあいさつの後、さっそく、説明をしていただきました。
まず、徳永議員が議会報告会について説明。
次に、前田主査が、説明を始めかけると、突然何かが起きた様子。
なんと、大牟田市公式キャラクター「ジャー坊」登場!!
ジャー坊

ジャー坊と職員

大蛇祭りと炭鉱労働者のコラボキャラ。
あゆコロちゃんがいる厚木市議、みんな大喜び。


ジャー坊の登場で、和やかになって、説明再開。
議会報告地の具体的なやり方についての質問が次々に。
答えるのは主に議員。
もちろん事務局もいろいろ答えてくれます。
議員がこれほどはポンポン答えてくれる視察は珍しいように思います。

予定の2時間をちょっと超えての質問応答の後は、議場見学。
庁舎は昭和11年建設とのこと。
先日見てきたばかりの長岡市議会の議場とは対極にあり。

大牟田市庁舎。全景
大牟田市庱、全景

暴力団は町の敵
庁舎正面の垂れ幕

議場正面
議場正面。議長席と理事者席。
議場横
議場。右が議員席。上は傍聴席。
左上は記者席。右手前が、質問席。

翌日は、大牟田市石炭産業科学館。
石炭科学館

そして、ユネスコ世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の三池炭鉱宮原坑と三池炭鉱専用鉄道敷跡。
宮原坑とガイドさん

両方とも、ガイドさんが説明してくれました。
科学館では、三池炭鉱の大規模な労働争議の話もあり、「多くの労働歌ができた。「がんばろう」を知っている人?」に、手を挙げたのは私だけ。
ガイドさんと一緒に歌ってきました。
三池炭鉱で「がんばろう」を歌うとは思ってもいなかった。
「くろがねの男のこぶしがある」との歌詞を実感。

産業革命と背中合わせの、過酷な労働。
そして、労働者の人権。
帰りに見かけた、労働基準監督署の大きな看板「最低賃金、814円」。

新しい憲法ができた現在でも、労働問題は、社会での大きな課題であることよ。

スポンサーサイト
  1. 2018/10/25(木) 19:43:14|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<駅頭での議会報告 | ホーム | 郷土芸能発表会。太神楽からささら踊り、太鼓連など。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1678-5ac861db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)