FC2ブログ

生活保護研修、2日間みっちり

8月24日(金)・25日(土)の2日間、
第10回生活保護問題議員研修会 
 “敬天愛人”のまち鹿児島から生活保護を考える
  今こそ問われる、地方行政のあり方

に参加してきました。
自治会館前

主催は「生活保護問題対策全国会議」と「全国公的扶助研究会」で、会場は鹿児島県庁の向いにある鹿児島県市町村自治会館。全国から集まった自治体議員約300人が生活保護について学習しました。
プログラムは以下の通りです。
分科会では釘丸議員が第2分科会、は第5分科会を受講しました。

【8月24日(金)】
13:00 基調報告 「生活保護基準の度重なる引き下げと、あるべき生活保護制度」
     講師 花園大学教授 吉永純氏
吉永純氏

14:00 講演「NPO法人抱樸(ほうぼく)の居住支援 
     居住と暮らしと地域づくり住まいと暮らしの安心確保事業
     ~抱樸が実施する民間連携型居住支援とは~」
      講師 NPO法人抱樸理事長 奥田知志氏
奥田理事長

14:55 講演「拡大する住まいの貧困と居住支援の課題」
    講師 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授・
        一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事  稲葉剛氏
稲田剛氏

15:20 意見交換
    NPO法人抱樸理事長 奥田知志氏、
    立教大学大学院特任准教授 稲葉剛氏、
    ゆくさの会 しばた氏
意見交換
    
15:55 講演「取材現場から見えた”貧困“」
    講師 元毎日新聞記者 西田真季子氏
西田真季子氏

17:10 特別報告1「地元からの報告~『身寄り』問題の解決に挑む~」
    ゆくさの会 しばだ氏、生活保護利用者深水氏、同池上氏
特別報告1

【8月25日(土)】
9:15 分科会
  第1分科会:生活保護なんでもQ&A
第2分科会:生活困窮者自立支援制度を有効に機能させるために
          講師 羽曳野市保健福祉部福祉総務課 仲野浩司郎氏
  第3分科会:地方都市から子どもの貧困をなくす
  第4分科会:実践!居住支援~各地の居住支援協議会、民間団体の取組
  第5分科会:生活を困難にする滞納処分の問題点
          講師 税理士 角谷啓一氏
武田武男氏

          講師 聖学院大学講師 柴田武男氏
柴田氏

  第6分科会:多様な課題を抱える方々への支援

12:45 講演3 「憲法と生存権」
        講師 首都大学東京大学院教授 木村草太氏
木村草太氏

14:40 特別報告2「私のまちの生活保護~議員としてのチェックポイント~」
        講師 社会福祉士・元世田谷区保護担当職員 田川英信氏
田川英信氏

    まとめ講演「あるべき生活保護改革とは何か」
     講師 生活保護問題対策全国会議代表幹事・弁護士 尾藤廣喜氏
尾藤廣喜氏

現場で自らが実践している人もいれば、マスコミによく登場する理論家のクールな大学院教授など、講師もバラエティに富んでいた研修会でした。

1日目は台風でしたが、鹿児島空港に着くと晴れ。
バスで会場に向かっている途中は雷雨がひどく車内で悲鳴も上がりましたが、着くころには小降りになりました。
次に到着の飛行機は雷雨のため出ることができず、機内にしばし留め置かれたということです。
研修後はホテルに直行し食事と入浴。
朝は前の晩にホテルで買った薩摩揚げ(鹿児島ですから!)とパンを食べて会場へ。
研修が終わると会場前から空港へ。
バスからは雲がかかってはいたけれど大きな桜島が見えました。
ホテルから見た桜島
 早朝、ホテルから見た桜島

バスから見た桜島
会場からの帰り、バスから見た桜島


飛行機から見た桜島
帰りの飛行機から見た桜島

移動の途中では歴史を感じられる様々な建物等もあり、大河ドラマ「西郷どん」の空気をちょっとは感じてきました。
普段、気にかかっていたも含め、議員活動ですぐに役に立つ内容でした。
今回の研修について、9月議会で釘丸議員が取り上げます。
私は、生活扶助基準引き下げ後の12月議会、で一般質問をしようと思っています。
あ、9月議会の決算審議でも使います。
スポンサーサイト
  1. 2018/08/29(水) 17:56:57|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<9月議会、始まりました。 | ホーム | 長崎へ。精霊流し,原爆落下中心地など。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1665-69a3ae45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)