FC2ブログ

7月に研修。自治体財政の基礎in東京

7月25日(水)・26日(木)の2日間、地方議員研究会の研修に行ってきました。
東京駅から徒歩5分にあるTKP東京駅八重洲カンファレンスセンターの9階で行われた
「どこよりもわかりやすい自治体財政の基礎in東京」です。
講師は、立命館大学政策科学部教授の森裕之氏。
森先生、左

7月25日(水)
10:00~12:30 「これが自治体財政のすべてだ①」
 ・そもそも財政って何?
 ・家計に例えてわかりやすく解説
 ・国と地方の完成をおさえる
 ・地方財政課計画と自治体の予算

14:00~16:30 「これが自治体財政のすべてだ②」
 ・歳入と歳出
 ・地方交付税と臨時財政対策債
 ・財政指標の味方と議論のポイント
 ・まち・ひと・しごと創生総合戦略と財政
 ・予算と地方議員が押さえておく勘所
自治体税制の基礎 テキスト

7月26日(木)
10:00~12:30 「あなたの街の財政状況を確認①」
 ・決算カードを見られるようになろう
 ・決算カードを比較したら財政がわかる
 ・歳入について詳しく解説します

14:00~16:30  「あなたの街の財政状況を確認②」 
 ・歳出について詳しく解説します
 ・決算カードを使えるようになろう
 ・財政の知識を政策に活かす 
森先生、右

 
私は森先生の講義は自治体財政と公共施設再編等で4回目かな。
いつもの研修ではできるだけ一番前に席をとるのですが、ちょと恥ずかしく後方に座ろうとしたら、空いていたのが一番前。
森先生に「前も来てますよね」と。
はい、そうです。

1日目は、自治体財政のそもそもからの丁寧な説明で始まったので余裕かと思っていたら、不交付団体がもらえない地方交付税と臨時財政対策債の話になるとちんぷんかんぷん。
昼休みに、厚木市が不交付団体であることに関していろいろ訴えてしまいました。
森先生曰く「自治体財政はわかりにくい。私もわかるまで20年かかりました。何度も繰り返し受講を」との言葉に気を強くしたのであります。
森先生とスリーショット

財政って難しい。
でも私にとって、財政でなくても簡単なことはあまりありません。
常に新しい。
もし、無人島に行くとしたら何の本を持っていくかと聞かれたら、たぶん、六法全書と広辞苑。

釘丸議員を誘っての研修でしたが、森先生の講義は初めてとの事。
決算カードを使ったり、いろんな自治体の財政の事例も出てきたので、たいそう面白がっていました。
なお、釘丸議員は2日目だけの受講。
これまで何度か参加した一般向けの自治体財政研修とは異なり、議員向けなので議会での質疑の例のおまけつき!
さすが、議員研究会。

厚木に戻っても仕事が残っていたので、帰りのロマンスカーの中で夕食。
おにぎりセット
梅のおにぎりと、金目鯛そぼろのおにぎり。

8月30日から、決算を審議する9月議会が始まります。

スポンサーサイト
  1. 2018/08/02(木) 12:42:52|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鮎まつり、無事終了 | ホーム | 災害対策。台風・雨水に備える。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1659-1a7b266d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)