FC2ブログ

災害対策。台風・雨水に備える。

西日本豪雨災害で大きな被害が出て、猛暑の下で復興作業が進められています。
被災された方へ心からお見舞いを申し上げます。
その後に台風もありました。

災害対策で、個人の準備もいろいろあるでしょうが、厚木市は、台風12号に備えて、職員が土嚢(どのう)をつくりました。
台風に備えて土嚢①

7月27日(金)の午後、炎天下の厚木中央公園に職員125人が集まりました。
土嚢つくり、消防職員も

土嚢袋に砂をスコップで詰めて2100袋の土嚢が完成。
土嚢をひもで縛る

幸いにも、厚木での被害はほとんどなく、実際に使ったのは702袋。
大型土嚢

土嚢袋と砂24tで、約24万円。
今回、使わないで済んだ1398袋は、関口、のランプ下の資材置き場に保管しています。

台風や豪雨でなくても、皆さんのお近くの道路の側溝に泥や落ち葉がたまって、雨水の流れが悪くなっていることはありませんか。
側溝から水が溢れ出してくることがあります。

 市内某所で「側溝に泥がたまって水が噴き出す」をという声があり、市の道路維持課に伝えました。
猛暑のある日、市の道路補修事務所の黄色い車が止まっていました。
側溝浚渫、トラック

道路を横切っている溝の金網を外し、泥を取り除いていたのです。
たまっている土や落ち葉

だいぶ取れた土

土をトラックに積む

浚渫、ひざより深く

昔は地域の人が総出で、コンクリート製のふたを上げてやったものでした。
施設が改善されて、現在は市が維持管理をしています。
側溝に泥等がたまっていたら、道路維持補修事務所にご連絡を。
他にも穴が開いているとかカーブミラーが見えにくいとか、道路に関して何か気が付いたら早めに道路補修事務所にご連絡を。
早めに対応することで、事故を防ぐことができますし、補修費用も少なくて済みます。

道路補修事務所
  〒243-0021 厚木市岡田1-11-10
  電話番号: 046-225-2655; ファックス番号: 046-227-1936;
  メールアドレス: 4300-2@city.atsugi.kanagawa.jp
    開所時間: 午前8 時30分~午後5時15分
    休所日: 土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

スポンサーサイト
  1. 2018/08/01(水) 13:14:24|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<7月に研修。自治体財政の基礎in東京 | ホーム | 国保から2万円の助成あり、人間ドック。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1658-300b844c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)