厚木まちうち九条の会 映画「ザ・思いやり パート2 ―希望と行動編ー」

1月27日(土)午後2時から、厚木市文化会館4階の集会室で、厚木まちうち九条の会と厚木愛川平和委員会主催の映画会がありました。
厚木市外からの参加も多かったようです。

「ザ・思いやり パート2 -希望と行動編-」

畑・雲

日本に住んで20年のリラン・バクレー監督が主演(?)。
日本政府が駐留米軍経費として国民の税金を使って出す、思いやり予算。借りている米軍のために
これまでに6兆円。
東日本被災者への住宅へは238万円なのに、米軍住宅は5500万円。
桁違いの思いやり。
畑・霞

で、米軍は日本を守るために、駐留しているの?
いえいえ、それは違います。
青森の三沢基地のイベントに、ドジャーズのシャツを着ていった監督、(中には憲法9条のTシャツ)。
米兵に、この飛行機が最近どこへ行ったか聞くと、「シリア」。
「何をするのか」には「爆撃」。
「学校や病院を爆撃するとどうなるか」には「壊滅」「全員死亡」とにこやかに答える米兵。
???????がいっぱい。
日本から飛び立った飛行機が、世界各地で、人を殺している現実が、あまりにもあっけらかんと明らかに。
畑・雪

沖縄で、今やろうとしているのは、普天間飛行場の「移設」ではない。
ディズニーリゾート二つ分の広さに、飛行場に加え軍港をつくる、新基地建設。
米軍がそっくり出ていけば、その跡地利用で、観光振興が図れ、経済が活性化する。
畑・全景

米兵の事故・事件で、どれだけ多くの日本人が苦しんできたことか。

今の政府はアメリカ言いなりに政治を進めているが、その行きつく先の日本をどう描いているのだろうか。
憲法9条改悪NO!
全国で、署名が取り組まれています。
スポンサーサイト
  1. 2018/01/27(土) 18:48:12|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自衛隊ヘリ墜落。オスプレイは? | ホーム | 公立夜間中学、視察。川崎市立西中原中学校>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1613-456af8ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)