「青春時代」が「年金時代」に。

超高齢社会の中、かつての若者があちこちで、元気に行動しています。
ある懇親会、会場のみんなで歌を歌いました。
その一つがこれ。

「青春時代」の節で、「年金時代

 退職までの 半年で
 答えを出せと 言うけれど
 加入期間が 短くて
 年金もらえる アテがない
 
   年金暮らしが 夢なんて
   現役時代の 甘い夢
   年金時代の 入り口は
   先の見えない ことばかり

 からだはもはや あの頃の
 盛りを過ぎて しまったか
 胃腸に肝臓 ガタガタで
 おまけに糖尿 五十肩

   年金暮らしが 夢なんて
   現役時代の 甘い夢
   年金時代の 真ん中は
   医者に通って いるばかり

どなたが作ったかわかりませんが、妙にリアルで、歌詞も元歌にぴったりはまっているので、歌いやすい。
普段歌わない釘丸議員が、やたらと喜んで、ちょこっと歌っていました。
スポンサーサイト
  1. 2017/12/09(土) 06:45:13|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<警察署長から「4つのお願い」 | ホーム | 一般質問。競艇舟券発売場、中小企業の従業員の福利厚生、小学校の道徳の教科化>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1602-c55b4255
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)