FC2ブログ

一般質問。競艇舟券発売場、中小企業の従業員の福利厚生、小学校の道徳の教科化

12月7日(木)午前9時から、一般質問を行いました。   
登壇での発言と、市長・教育長答弁です。 
  荻野運動公園の紅葉2017.12月
                                                
(1)市政一般について 
  
ア 中小企業支援について
 (ァ) 実態をどう捉えているか。また、課題解決のための対策は。
                       
 安倍政権の下で、働き方改革が言われて久しくなります。 特に最近は、名だたる大企業が、過労死や自殺者を出すほどの働かせ方をし、離職率の高さが報道されるなど、働き方が大きく取り上げられるようになりました。 
 1日24時間のうち、「8時間は労働に、8時間は休息に、8時間は自分のために」とは働く者の祭典・メーデーの最初のスローガンです。
8時間働けば普通に暮らせる社会をつくっていくことが必要です。
 厚木市では、第9次厚木市総合計画「あつぎ元気プラン」の個別計画として産業マスタープランを平成29年、新たに策定しました。その中の産業振興ビジョンでは戦略として、産業振興と企業誘致に加え、働き方改革を大きくうたい、ワークライフバランスの推進、働きやすい環境づくり、通勤環境の向上を上げています。
中小企業の多い厚木市で、どのような支援ができるのか伺います。

市長 11月発表の月例経済報告では、景気は緩やかな回復基調が続いているとされております。
一方、厚木商工会議所が11月に発表した中小企業景気動向調査では、経営上の課題として、人材・人手不足と売上・受注の不振等が挙げられております。
こうした状況を踏まえ、中小企業融資制度、企業巡回訪問、相談サポート等による経営の安定化や、若者・女性等雇用拡大事業による労働力の確保など、引き続き、課題解決の支援に取り組んでまいります。

山本さんちの前の柿の木2017

イ 場外舟券発売場(ボートレースチケットショップ)について
 (ァ)事業者の説明会から8カ月が経過したが、現状をどう認識しているか。

 まちづくりには安心して駅を利用できることも重要な要素です。
前議会で釘丸議員が取り上げましたが、一日14万人を超す利用者があり、厚木の顔でもある本厚木駅の北口近く、空港バスや高速バスの発着所のすぐ近くに、競艇の場外舟券発売場・ボートレースチケットショップの設置計画があります。
 今年の、社会安全研究財団調査、久里浜医療センター調査から、直近1年間でギャンブル依存の疑いのある人が54万人と推定されています。ギャンブル依存症とは、「貧困になる、家族関係が損なわれる、個人的な生活が崩壊するなどの不利な社会的結果を招くにも関わらず、しばしば増強する持続的に繰り返される賭博行為」とされています。
日本のギャンブル依存症は世界でも突出して高いことが言われています。
 公営ギャンブルとはいえ、そのような施設を中心市街地に設置することについて、市民の反対の声が広がっています。

市長 場外舟券発売場につきましては、国土交通大臣の許可を必要とする施設であり、許可要件の一つとされております地元自治会の同意に向けて、事業者が引き続き協議を行っている状況であると認識しております。
また、地元自治会では、自治会員の意向を確認するためにアンケート調査を実施しているところであると聞き及んでおります。
現在、市への正式な相談はございませんが、今後も引き続き、事業者の動向や地元自治会の対応等を注視してまいります。

大手公園の銀杏黄緑2017.12

(2)教育行政について
ア 来年度から始まる小学校の道徳の教科化について  
 (ァ)対応と課題は。

 どのような社会生活をするかについて、子どもたちは日々の暮らしの中から学んでいきます。 
家庭や学校、地域が子どもに与える影響を考えずにはいられません。
 来年度から、小学校で道徳が教科として週に1時間の授業が行われます。
道徳は1958年に小学校に導入された当初、戦後版教育勅語にしてはならないとの警戒心があり、教科書を使う教科にしないという条件で始まったとのことです。
平成30年度から道徳が教科化され、成績評価がされますが、教育委員会の対応はいかがでしょうか。

教育長 昨年度から、各学校の道徳教育を推進する担当教員に対し、特別の教科道徳について、理解を深めるための研修を行うとともに、一般教員を対象に、道徳の授業と評価の在り方について研修講座を実施しております。
また、道徳の調査研究部会を立ち上げ、授業づくりに関する研究を進めているところでございます。
今後につきましても、児童・生徒が主体的に考え、議論し合う授業実践に向けた各学校の取組を支援してまいります。

大手公園の銀杏黄色2017.12月

* 登壇と合わせ、その後の自席での質問、計50分間のやり取りについては、1週間ほどでインターネットで見ることが出来ます。

スポンサーサイト
  1. 2017/12/07(木) 06:12:32|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「青春時代」が「年金時代」に。 | ホーム | 一般質問、出そろう。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1601-6466003f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)