納豆・丹精

納豆の商品名
 夫は長崎出身、18才になるまで納豆を見たことがなかったそうです。IMG_0667.jpg

 結婚してから2年程は夫のいない時に隠れて納豆を食べていました。しかし、水戸に住んでいた夫の叔母宅へ行ったところこの「丹精」は臭くないからとごちそうになり、それからは一緒に納豆を食べられるようになりました。                              



                                     
スポンサーサイト
  1. 2008/01/09(水) 07:28:41|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クジ運が強いと思ったら | ホーム | 賀詞交換会に飢餓を思う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/160-5042e56a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)