「これからの学校教育はどうなるの?」学習会、アリマス。

来年から、小学校では道徳が教科化されます。
今年の夏は教科書の展示があり、教育委員会で教科書採択がされ多くの傍聴者がありました。
現政権では「教育勅語」を悪くないとしています。
日本のマスコミの自由度が低いと評価されている中ですが、教育も雁字搦めにされるのではないかとの危惧を持っています。
IMG_9639.jpg

「すみよい厚木のまちづくりを考える会」主催、「厚木の教育を考える会」共催で、
これからの学校教育はどうなるの?
     道徳教育と教育勅語を考える
が開かれます。

報告
1.小学校の道徳教育の現状と課題 
    現職の小学校教員・小林大介さんが語ります。
2.教育勅語の意味するものと歴史的役割
    厚木の教育を考える会の会員で、元県立高校教員の豊雅昭さんです。

二人の報告の後、質疑となります。
参加は無料、どなたでも。
会場はアミューあつぎ6階 ルーム610。

私も参加して、しっかり聴いてきます。
スポンサーサイト
  1. 2017/11/22(水) 06:14:53|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5日目と9か月 | ホーム | パラスポーツフェスタ 「つらい」が「楽しい」に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1596-d9bebc52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)