FC2ブログ

パラスポーツフェスタ 「つらい」が「楽しい」に

スポーツの秋ですが、普段ほとんどスポーツにかかわりのない私、11月5日(日)に荻野運動公園で開かれた、神奈川県主催の「ともに生きる社会神奈川をめざして 第3回かながわパラスポーツフェスタ2017」をのぞいてみました。
IMG_9155.jpg

トークショーではパワーリフティング、陸上競技車いすトラック、車椅子バスケットボールの選手がトークに次いで各競技を実演。
神奈川リハビリテーション病院で、パラスポーツを勧められて始めた選手も。
IMG_9157.jpg

パワーリフティングのバーだけで20㎏。
体験ということで、県のスポーツ局長がやってみたのですが、まっすぐきれいに上げるというのは難しそうでした。
IMG_9158.jpg

80キロでも練習ですと軽々持ち上げたり、
IMG_9161.jpg

陸上ではスピードを出してコーナーをヒュンと曲がったり、
IMG_9162.jpg

バスケでは立っているよりずっと高くなるゴールへ確実に入れ、車いす同士のぶつかりをやったら本当に壊れたりと、
IMG_9168.jpg

パラスポーツならではの様子に引き込まれました。
「練習は苦しいけれど、「つらい」が「楽しい」になる」、「苦しくなかったら強くなれない」など、障害があってもなくてもスポーツに取り組む思いは同じ。
それぞれの個性あふれる選手の話に、パラだからと特別扱いするのでなく、スポーツの一つとして、関わる、観る、体験する、参加することで垣根がとれるのだろうと感じました。

スポンサーサイト
  1. 2017/11/21(火) 06:38:35|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「これからの学校教育はどうなるの?」学習会、アリマス。 | ホーム | あつぎえんぴつの会「公立夜間中学って知ってますか」。映画「こんばんは」と、前川喜平さんの講演>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1595-b6ce460c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)