16区市民連合が主催で「市民と野党のつどい」開かれる。

7月7日(月祝)の午後6時30分から、厚木市文化会館小ホールで、16区市民連合主催の「市民と野党のつどい」が開かれました。
市民と野党のつどい、看板前

会場いっぱいの参加者です。
最初に16区市民連合の代表から、経過報告。
看板、16区市民連合

次に、講演。
立憲デモクラシーの会共同代表で法政大学教授の山口二郎さんです。
「アベ政治を止めようー憲法と民主主義の危機を乗り越えるために」と題して、1時間の話でした。
山口二郎さん

そして、4野党からの挨拶。
民進党は後藤祐一衆議院議員の秘書さんが、メッセージを代読。
日本共産党は、池田博英16区予定候補。都議選の結果に触れながら、野党共闘で、政治を変えようとの訴えでした。
自由党は県の役員、社民党は相模原市議の金子登喜男さんで、お二人とも、総選挙に向けた具体の方法や動きなども話しました。
4野党の挨拶

最後に、会場の全員が、市民と野党の共闘で政治を変えようとの思いを共有し、意気高くプラカードを掲げました。
16区つどい プラカード掲げる
スポンサーサイト
  1. 2017/07/20(木) 06:00:38|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あの前川喜平さんが、厚木の自主夜間中学でボランティアをしていた | ホーム | 半年ぶりの議会報告会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1559-b12e2679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)