2月定例会議、1・2日目の質疑

平成29年第1回会議(2月定例会議)が始まりました。
本会議1日目は2月22日(水)は報告1件と25議案の提案と市長市政方針、2日目の23日(木)は平成29年度予算についての質疑がありました。
上古沢緑地の桜の幹

主な質疑です。
平成28年度一般会計補正予算(第6号)
釘丸議員 財政調整基金の流れはどうか。基金残高は。
財務部長 27年度末で63億円だった。28年度に補正を活用し5億円、法人税還付、増額で整理した中で11億6千万円を繰り戻し、28年度末に61億円を確保した。
釘丸議員 ふるさと納税の返礼品の状況は。経費は。
財務部長 10月14日から大きく変えた。12月補正で3千万円計上したが11・12月は見込みよりかなり増えている。今回9千万円増額した。逆に市へ入る税金が市外へ出る部分もある。今確定申告中であり、他市とデータのやりとりをしていることころだ。5月にならないとはっきりしないが、入りが増えるが出も増えるとの思いだ。経費は6割ぐらいかかるため、実収入は4割ぐらい。
薄緑の羽虫

平成29年度一般会計予算
釘丸議員 企業誘致条例で固定資産税の減免をしている。平成29年度ではどうか。
財務部長 29年度に適用解除されるのは4社で800万円。29年度の軽減は19社1億3000万円である。
釘丸議員 平成28年度の実績は。雇用奨励金の適用は。正社員をいかに増やすかだ。23年度にアンケートをしたが、その後定期的にやるとのことだった。効果の実証をどう考えるか。
産業振興部長 28年度は申請が2件あり、1社は決定、1社は審査会で妥当とされ手続き中。投下資本額は13億9千万円。29年度は28年度の予定企業3社が都合で遅れ29年度に回る。事前相談中が3社。雇用奨励金は28年度の認定企業であり、3社24人。市として正社員に40万円、非正規に20万円と差をつけ、正規雇用を促しているが、雇用も企業の戦略である。
2月24日のミモザ

*このほか、新年度の組織改正で担当部長はどうなるのか、新しく国内友好都市の締結に向けての進捗状況についてなどの質疑もありました。
また、公民館について地域の住民が予約を取りにくいとの指摘に、有料化も含めプロジェクトチームで検討を進めていると答弁がありました。

スポンサーサイト
  1. 2017/02/25(土) 06:27:47|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<地方議員研究会で自治体財政と公共施設再編 | ホーム | 政務活動費の透明性の向上に関する決議(全国市議会議長会)と厚木市の条例>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1514-69a1a124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)