12月定例会議の市民福祉常任委員会

12月12日(月)は市民福祉常任委員会で、11議案2請願4陳情を審議しました。

一般会計の他に所管の特別会計と病院事業会計の補正予算がありました。
今回は人事院勧告に基づく給与又は期末手当等の引き上げがありますので、ほとんどの会計で補正がなされたtものです。
また、国の補正で厚木市は8億3288万円が入り、そのうちの5億6857万円が臨時福祉給付金となります。
老人福祉費では地域密着型サービス事業所の開設に向けた補助金があります。
金田地区に老人憩の家と児童館の複合施設建設のための用地取得で1億円。
保育内容充実のために1億9044万円が使われます。
大手公園の紅葉と雨滴

厚木市敬老祝金支給条例の一部改正が提案されています。

厚木市子ども科学館条例の一部改正では、プラネタリウムの定期観覧券(1年間)ができる予定。

市川ミカン園

請願では、安全安心の医療・介護の実現と夜勤交代制労働の改善を求めるもの、
介護従事者の勤務環境と処遇の改善を求めるものがありました。
審議の中で、神奈川県の医療計画では県央医療圏で242床不足との答弁がありました。
賛成は栗山・山本の2名のみ。

陳情は、別居・離婚後の断絶を防止する法整備を求めるものについては趣旨採択となりました。
年金、生活保護については賛成が栗山のみで、不採択でした。

全部に賛成したのは、私だけです、今回は。

スポンサーサイト
  1. 2016/12/13(火) 20:44:38|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<12月定例会議、各常任委員会所管の議案、請願・陳情 | ホーム | 時速5キロで衝突の衝撃、シートベルトコンビンサー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1487-20d51d1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)