時速5キロで衝突の衝撃、シートベルトコンビンサー

12月11日から20日までの10日間、年末の交通事故防止運動が行われています。
12月10日(土)、厚木市文化会館での「厚木市交通安全市民総ぐるみ大会」のあと、文化会館の駐車場で、JAFのシートベルトコンビンサー体験。
トラック全景

シートベルトコンビンサー

トラックの荷台にある車用の座席に座り、シートベルトを締めます。
スタート前

ボタンを押してスタート。
正面には道路の映像、音楽を聴きながらドライブ気分になったところで、時速5キロで動きだしたら、突然、白い車が横切って、ぶつかった!
その瞬間、シートベルトが肩に食い込み、エアバッグが飛び出した。
衝突後

たかが5キロと言うなかれ。
かなりの衝撃であり、シートベルトが身を守ることが理解できました。
普通の路上ではもっとスピードが出ていますから、衝撃はどれだけすごいことかと、ぞっとします。
機会があったら、ぜひシートベルトコンビンサー体験をしてみてください。
なお、コンビンス(convince)とは納得させること、説得すること。 

 無事故で年末 笑顔で新年
スポンサーサイト
  1. 2016/12/13(火) 15:49:51|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<12月定例会議の市民福祉常任委員会 | ホーム | にぎわいアドベンチャー隊企画「あつぎDEクリスマス」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1485-bbcd7ea8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)