農業まつりで厚木産小麦のラーメンを食べる

11月26・27日の土日は第41回厚木市農業まつり 畜産祭・収穫祭でした。
天気も良く暖かく、多くの人が来場し、農畜産物を味わったり購入したり、眺めたり。
開会式では、国会議員や農協役員のあいさつで、現在の様々な農業・農協問題に言及。
あゆコロちゃんとゆめみちゃん

品評会に出された野菜などは立派で安い。
1日目に予約して2日目に引き取りです。
2日目の午後、残っているのを買ってもいいということで、ハヤトウリ、花ユズ、カボス、京いも、柿を買い込んできました。
ハヤトウリ他4種

午前の用事が遅くなって2時近くに昼食と思っていたら、カレーも豚汁もお餅も赤飯も売り切れ。
で、うどんを食べました。
帰りがけに、「厚木産のラーメン」と声をかけられて、ついラーメンも。
これは厚木産の小麦粉の麺、津久井大豆の入ったがんもどき入り。
厚木産の乾麺のうどんは食べたことがあったけど、ラーメンもあったのですね。
農業まつり 宝船の前

以前の議会で、補正予算に製粉機械の導入の補助があったけど、こんなところにも使われているのだろうなと思いつつ、コシのあるというか、やや粘りのある素朴な感じのラーメンの麺を味わいました。
ラーメン屋さんの前には、爽やか系の青年が「僕が作ったんです」とにこやかに立っていました。
精魂込めて作った農産物の加工品を、人々が喜んで食べている様子を見るのは、さぞ嬉しく楽しいことだろうと思った次第です。

食べることは生きること。
でも、食べすぎには気を付けよう。
スポンサーサイト
  1. 2016/11/28(月) 06:15:52|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<12月議会、一般質問の通告済 | ホーム | ふるさとを思う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1477-b16466dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)