みず=蟒蛇草(うわばみそう)の、コロコロ

横手の漬物「みずのコロコロ玉っこ」を、アミューの地下1階の「あつまる」で買って食べた。
独特の粘りがあって、楽しく食べた。

その後、またあつまるへ行くと、今度は生の「みずの実」を売っていた。
こちらは、山形県最上町産。
みずの実。

みずの実、アップ。

茹でると、緑に変わった。
辛子醤油で食べた。
みずの実、茹でたて。
漬物で食べるより粘りが強くて、楽しく食べた。
ミズの葉は子どものころから食べていて好きな山菜だけど、コロコロは初めて見た、食べた。

先日、家族と一緒の時に、きれいなエディブルフラワーを食べた。
これも、花弁に粘りがあって面白い食感だったので皆に勧めたが、あまり喜ばれなかった。

昔、南部藩の(おバカな)殿様が菊を食べてから、南部では菊を食べるようになったそうな。
やはり、南部生まれのわたくしは、子どものころから菊を食べていた。
今、我が家の冷蔵庫にも、黄菊を酢漬けにして入れている。

スポンサーサイト
  1. 2016/10/22(土) 06:50:39|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<二元的代表制における議会とは?-全国市議会議長会 | ホーム | 自民党改憲草案と現行憲法。第1章 天皇>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1459-dc8f3162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)