自分の家のテレビで、初めて見たのは?

先日、釘丸議員と話していて、テレビの話になりました。
若い人には全くわからないだろうけれど、昔(!)は各家庭にテレビがありませんでした。

釘丸議員の家にテレビが入ったのは1960(昭和35)年10月12日。
なぜその日を覚えているかというと・・・。
学校から帰ってテレビを見たら、日比谷公会堂での三党首立会演説会の壇上で社会党の浅沼稲次郎が刺殺された直後で、テレビがずっと放送していたからだそうです。
私には、その事件は生まれる前のことであり、教科書に載っている歴史的事件であって、リアルタイムで見た釘丸議員との、年の差、驚きをもって実感したところです。

ついでに私のテレビの強い記憶は、小学校から帰って見た、あさま山荘事件の鉄球ですが、なんと、そのころ、釘丸議員は新婚1か月、しんぶん赤旗記者の夫がその現場に取材に行っていたというのです。

またまた、びっくり!

スポンサーサイト
  1. 2016/10/11(火) 06:28:58|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<保守派も怒っているー自民党元自治大臣が、しんぶん赤旗に新潟知事選への期待を語る | ホーム | 9月定例会議、一般会計の反対討論です。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1451-7890b4da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)