平成28年9月定例会議市民福祉常任委員会の議案審議です

9月13日(火)は平成28年厚木市議会第4回会議(9月定例会議)の市民福祉常任委員会でした。
渡辺委員長、遠藤副委員長、栗山・山本・高橋(豊)・山﨑・井上(敏)委員で、3議案3陳情を審議。
そのうち、議案審議の概要は以下のとおりです。
広町公園、黄花に白花

議案第67号 厚木市総合福祉センター条例の一部を改正する条例について
総合福祉センターに保健センター機能を統合することにより、条例の名称、目的等を変更するもの。
山本)条例名は「厚木市立保健福祉センター条例」であるが、センターの名称は「厚木市保健福祉センター」と「立」が抜けている。
文書法制課長)条例のルール。条例名では「立」が入り、施設の名称には原則として入れない。
高豊)使用料を定めているが、和室がなくなったのか教えてください。
福祉総務課長)センターの5階を療育相談センターを拡充にしたことに伴い、スペース確保するため。経過観察のためのグループ指導保育室として整備した。
山﨑)畳の部屋がなくなるのか。
課長)貸館としての和室はなくなる。近くに市民交流プラザの和室が4室ある。
栗山)以前の議会でも保健福祉センターについては審議され図面も見ている。それ以降に変更点はあるか。金額は。
課長)大きい変更はないが、小さいものはある。手すりの仕様の変更や若干修繕は発生するが、契約金額の範囲内である。
山本)児童発達支援センターの形態と運営はどう変わるのか。
課長)保育室を3から6に増室。定員を20から40人に拡充。親子分離の通園も可能になる。週2回も日々通園可能に。障害児相談支援事業、集団生活適用支援の新規に2事業ある。29年度より民間委託。
井上)必要不可欠な条例。賛成。

採決:賛成全員で、可決
数珠玉、広町公園

議案第69号 厚木市病院事業の設置等に関する条例及び厚木市立病院の診療費等に関する条例の一部を改正する条例について
新病院の完成に伴い、一般病床の数を改め、新たに設置する特別室の使用料を改めるもの。
高豊)病床数は350から341床になるがベッド数はどうか。
経営管理課長)病床数がベッド数です。
高豊)特別室は何室か、内容は。どんな方が使うと予想しているのか。
課長)1室で40㎡。現在は20㎡で倍になる。浴室、トイレ、洗面所、ソファセット。
広い部屋なので、公私ともに忙しい方、仕事で人をよんで打ち合わせをする、大勢の人を招くなど、広い環境で過ごされたい方かと。
栗山)病室使用料の「特別の療養環境提の提供」について厚労省通知の内容は。
課長)使用料を頂くにふさわしい環境として①4床以下②一人6.4㎡以上③プライバシー確保の設備④個人用私物収納設備、照明、小机。
栗山)減免について特別に必要と認めた場合とは。
医事課長)重篤、満床、感染で減免。病室使用料の減免は平成26年度は20%以下だったが、27年度は20%超。救急医療などで重篤な患者が増えたためである。
栗山)今回の改正で収入への影響は。
課長)月に300万円の増収を見込む。現の本館5・6階の7床が新で14床になる。特別室を加味した。
栗山)病床稼働率は。
経営管理課長)27年度は全体で80.4%だが、差額ベッドは75.8%。

採決:賛成全員で、可決
木の幹から雨が

議案第77号 平成28年度厚木市一般会計補正予算(第4号)
個人番号カード交付事務、民間保育所施設整備の経費の一部で、2億3845万3000円。
山本)保育施設整備事業、厚木保育園を民間に。すでに公立を一つ民営化した。検証は。
保育課長)あつぎ保育所は平成30年4月1日から。平成27年4月にもみじ保育所の民営化を実施。1年間の合同保育を行い、3者協議会も設置した。保護者へのアンケート2回実施、「満足している」が90%以上である。
山﨑)なぜ補助金が必要になってきたのか。的はずれですね、すみません。
課長)児童福祉施設の補助制度。国県からの補助金制度がある。
栗山)経過は。前回の公募の条件が若干違うところは。
課長)中町2-2地区の整備方針、公共施設再配置計画によるもの。駅前保育所の役割、ニーズの対応と実施。もみじ保育所と異なり、移転による民営化であり、応募資格や審査項目を若干見直ししている。移転先での新設であり、社会福祉法人のみでなく全法人を対象にするよう県から指導があった。実績を3年から、5年とした。
井上)補助金は市の補助規則でやっているのか。
課長)施設整備は国の福祉法で4分の3を超えない範囲でと。県、市も補助。社会福祉法人に限られている。
山本)市として、小規模保育施設をやりたい方があれば推進するか。
課長)待機の状況を見ながら検討の必要があるかと。
栗山)繰り越し明許。国からの補助金は県を経由か。今後の予定は。
課長)安心安全子ども交付金、県の基金。30年4月開設予定で、県の承認、工事期間踏まえ、来年の3月ごろの工事着手、30年の3月完成の予定。
栗山)社会保障・税番号制度について。個人番号カードを発行の人数、パーセントは。
市民課長)平成28年1月25日から交付開始8月末現在、申請25,908件に対し17,485枚交付。申請に対して67%。
栗山)Jリスのほうでの発行が遅れているのか。市の手続きで個人カードがなければ発行できないものはあるか。
市民課長)昨年10月5日、制度開始に伴い、当初に交付申請が集中、Jリスのシステムトラブルから市との連携ができなくなり、交付が遅れている。
個人番号カードを使って市民課の自動交付機・コンビニで住民票・印鑑登録の写しを発行している。それ以外に市民課業務でカードがなければできないものは特にない。
栗山)当初から個人情報保護等の問題があり反対している。あれだけ大騒ぎしたのに、市民全体に対して1割強では少ない。市として周知は。
課長)あつぎ元気プランに社会保障・税番号制度を位置付けている。関連業務に対応できるよう円滑な交付に努めている。

採決:反対は栗山のみで、可決
広町公園の池

この他に、陳情を3件審議しました。



スポンサーサイト
  1. 2016/09/20(火) 14:46:42|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<平成28年9月定例会議(都市経済常任委員会) | ホーム | 平成28年9月定例会議の環境教育常任委員会の主な質疑です。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1442-62e1956c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)