ごみの収納枠再生工場見学。リサイクル順調!

生活の中で、ごみは出る出る、ごみは出る。
そこで誰もが、ごみを出す出す、ごみを出す。

厚木市内では、可燃物週2回、不燃物や資源の収集は週1回、集積所に出す。
多くの場所で、緑色の収納枠を利用している。
以前は、この収納枠が壊れても、なかなか替えがもらえないと言われた。
最近、自治会長さんから「すぐもらえる」という声が聞こえるようになったので、環境センターに話を聞きに行ってみると・・・。

ごみ収集とリサイクルは市の環境事業課が担当。
「収納枠リサイクル工場を案内します」との言葉についていくと、2階の階段突き当りの廊下に、緑色がたくさん現れた。
緑の廊下

網が壊れても、以前は新しいものを購入していたため、なかなか更新できなかったそうだ。
昨年度半ばから、リサイクルを試してみることになったとのこと。
壊れた収納枠の緑色の網を外し、金属の枠を分解して錆を落とすなど清掃し、たたいて整形し、新しい網に張り替える。
収納枠、作業中

切った網を無駄にしないために真ん中を重ねることで、より強くなった。
ぐるぐる巻いていた止め方を、結束バンドで要所要所を止めるようにして作業効率が格段にアップ。
収納枠の結束バンド

書けば簡単そうだが、試行錯誤してここまでできたのだそう。
黙々と作業をしている職員の様子を見ていると、仕事は人がするものだと、改めて思う。
日常の仕事をしつつ、3日で4個できるそうなので、交換要望のサイクルとちょうど合って、1週間程度でリサイクル品に交換できて喜ばれている。
収納枠完成品

皆さんも、道端で緑の収納枠を見かけたら、リサイクル収納枠かどうか、見てみてくださいね。

スポンサーサイト
  1. 2016/08/22(月) 14:08:03|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<一般質問、通告。9月5日です。 | ホーム | 平和メッセージ、はがき作品>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1426-953ba291
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)