学習会「高齢化を考える-介護に関わる制度はどのように変わるのかー」

すみよい厚木のまちづくりを考える会では年に1~2回の学習会をしています。
今回は8月27日(土)午前10時から12時に、アミューあつぎルーム610で「高齢化を考える-介護に関わる制度はどのように変わるのか-」と題して、学習会を開きます。
講師は、厚木市福祉総務課と健康長寿課。
市の出前講座ですが、どなたでも参加できます。もちろん、無料。
黄色花、オクラ?

65歳以上の人口が3千万人を超え、団塊の世代が75歳以上となる2025年にむけて、「介護」が大きく変わりつつあります。
すでに要支援1・2については介護保険から外れて自治体の事業となりました。来年度が完全実施となります。
「地域包括ケア」も進められていますが、これからどうなっていくのでしょうか。
市の高齢者に関わる担当課から話を聞きます。
参加者からも実態や疑問を出しながら、安心して暮らし続けられるまちづくりを考えていきましょう。
なお、今回は介護保険事業そのものについての学習会ではありません。ご承知おきください。
銀杏の実

「地域包括ケア」も、「介護保険」とそこからはずれる「新総合事業」も、国の政策に基づいて行うものです。
実態を国の施策にどう反映させられるのか、どう働きかけることができるか、市が何をどこまでできるのか、大いに関心を持っていきましょう。

スポンサーサイト
  1. 2016/08/19(金) 06:37:22|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<厚木市議会第4回会議(9月定例会議)の日程です | ホーム | 厚木出身のドラマー、8月25日のあつぎジャズナイトのトリをとる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1423-0ba5015b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)