リンゴジュースの飲み比べ

長野のストレート果汁4種類のりんごジュース飲み比べセットというのがあったので、どんなものかと思って買ってみました。
濃縮還元ではないので、飲むと、本当にりんごって感じ。
りんごジュース飲み比べセット
それぞれの味がよくわかって、おばさん3人(弁護士1人と市議2人)で飲み比べて、たいへん盛り上がりました。

りんごは、バラ科の落葉高木樹。和りンゴは中国から入ってきたけれど、現在、私たちが食べている「リンゴ」は江戸時代に西洋から入ってきたものだとか。

王林は、1952年、福島県伊達郡の農家がつくったもの。
シナノスイートは、1978年に長野県果樹試験場で生まれ、品種登録は1996年。ふじとつがるが親。
秋映は、1993年に長野の農家が。千秋と津軽。
シナノゴールドは、1999年長野県果樹試験場で。ゴールデンデリシャスと千秋から。

いろんなリンゴが食べられる喜び。
そこには、実に多くの人々のご苦労があったのだろうなあと、改めて思います。
スポンサーサイト
  1. 2016/07/25(月) 06:40:27|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「なくそう原発あつぎの会」セミナー、パワーシフトの話 | ホーム | 8月4日の本会議前に、常任委員会の新しい構成がぼちぼち決まっていく>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1406-fa16912f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)