厚木市から益城町へ救援物資が出発

熊本地震では、益城町が大変大きな被害を受けました。
益城町も厚木市も、全国朝市サミット協議会のメンバーです。
その関係で、益城町からの要請で救援物資を送ることになり、4月19日正午、トラックが出発しました。
市の職員3人は、先に新幹線で出発していて現地でレンタカーで移動するそうです。
支援のトラック

支援物資は
 飲料水(500ml×24本)×300箱
 毛布500枚
 トイレットペーパー200個入りを200箱
 肌着セット10箱
 生理用品、おむつ、粉ミルク
 そして、簡易トイレ
トラックに積まれた救援物資

ぼうさいの丘公園防災備蓄倉庫にある物資をトラックに積んで、運転手さんが交代で15時間走るとのこと。
無事に物資を届け、無事に戻ってこられますように。

現地は混乱しているという話もあります。
届いた物資が、できるだけ早く避難している方のもとに届きますように。

厚木市は神奈川県トラック協会県央サービスセンターと災害協定を結んでいます。
いつ起きるかわからない災害では、日頃のいろいろな関係が重要になるのだと、改めて思います。


厚木市では義援金活動を実施しています。

常設募金箱
 本庁舎1階
 第二庁舎1階
 福祉センター
 アミューあつぎ6階
 各種イベントでの受け付け、など
 期間は4月15日から6月30日までです。

朝市での募金箱(全国朝市サミット協議会関連)
 4月17日(日) 午前5時30分~午前7時
 4月24日(日)          〃
  本部受け付け(厚木市文化会館)

また、災害支援に対して市民ボランティア活動支援(保険への対応)、
ホームページ等で市民へのお知らせもしています。

 
スポンサーサイト
  1. 2016/04/20(水) 06:05:54|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<常任・特別委員会等の構成はどのように決めるのか。 | ホーム | 日本共産党、伊勢原で演説会、あります。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1357-419ef725
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)