中学校卒業式での宿題

卒業の季節。
厚木市立の中学校全13校の卒業証書授与式は3月15日(火)でした。
私は南毛利中学校へ。
3学年6クラスの242人の新たな旅立ちです。
南毛利中学校

入場する卒業生、一人ひとりの顔を見ていると、この子どもたちの将来が平和で安心してして暮らせる社会にあるようにと、
自分がその社会をつくる一人になるのだとの思いが強くなります。
卒業した子どもたちも、その一人になるのです。
この子たちが50年後、前期高齢者になった時、日本は、世界はどんな風になっているのだろう―と考えながら、心新たにしました。
自分自身の活動の原点は、ここなのだと思います。
大きな桜の木・花

校長先生の言葉は、子どもたちへの思いがあふれる素敵なものでした。
社会ほ変わっていくが、変わらない大切なものがある。
 それを見つけることを宿題にします

義務教育最後の宿題に、子どもたちは、いつ、どんな答えを出すのでしょうか。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/16(水) 06:32:06|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あつぎこどもの森公園、開園 | ホーム | スポーツ人のつどいで室伏重信さんの講演「競技スポーツと人の可能性について」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1343-74f4ab35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)