3本の矢には、5本の矢で!5野党党首が国政での選挙協力で合意

昨年の9月19日に戦争法が成立。
その日のうちに、日本共産党の志位和夫委員長が提案したのが、
「戦争法廃止のための国民連合政府をつくること、
そのために国政で選挙協力をすること」、でした。
その後、戦争法廃止に向けた国民運動が大きく広がっている中で、選挙協力について難しい様子もありました。
1月31日に厚木で行われた小林節さん講演会でも、選挙協力をすべきと強く言われていました。
大手公園の電線の鳩たち

成立から5カ月後の2月19日に、日本共産党、民主党、維新の党、社民党、生活の党の野党5党の党首が国会内で会談。
戦争法を廃止する法案を国会に提出しました。
また、5野党として4点を確認しました。
①安保法制の廃止と集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を共通の目的とする。
②安倍政権の打倒を目指す。
③国政選挙で現与党およびその補完勢力を少数に追い込む。
④国会における対応や国政選挙などあらゆる場面でできる限りの協力を行う。
桜が春を待つ

大きな1歩です。
今、全国で「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」、29団体が共同で呼びかけた「戦争法廃止を求める統一署名」が取り組まれています。
目標は、今年の5月3日までに2000万人。
今回の野党5党合意で、「戦争法廃止」が、現実に近づきました。
厚木市議会2月定例会議が2月22日から始まりますが、私も宣伝に一層力が入ります。

スポンサーサイト
  1. 2016/02/22(月) 06:58:49|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<厚木市の新年度予算の審議、始まる。まち・ひと・しごと創生で何をするのか | ホーム | 一般質問、2月29日、午後1時からの予定です>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1332-63ab3e71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)