子育て・教育環境日本一を謳う厚木市、子どもに関する事件・事故が続く

厚木市は、現市長になってから、「子育て・教育環境日本一」を掲げています。
行政の施策は他自治体に先んじていることが多く、県内の議員からうらやましがられることもあります。
議員選挙で応援に行くと、厚木市ではとっくに実現していることを公約として訴えるということになります。

そんな厚木市ですが、2月13日未明に、母親が子どもの首を絞めたという事件が発生しました。
昨年は2月16日に、やはり二人の子どもをあやめた事件がありました。
その前の年の5月には、父親による育児放棄が発覚しました。
厚木市でこれだけ続くのは、偶然なのか必然なのか。
冬の樹と雲

子育てでは誰しも始めてのことばかりで、不安になるのは当たり前です。
そんな時、ちょっとした援助があると、解決することがあります。
一人ぼっちの子育てにならないようにするには、どうしていけばいいのでしょう。
行政だけで解決できる問題ではないと考えます。
スポンサーサイト
  1. 2016/02/14(日) 11:44:52|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<厚木市議会2月定例会議、予算は過去最高額に。 | ホーム | 朝のみそ汁にアサリ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1328-7e2547ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)