たくさん吸って、ちょっと吐く ― コミュニケーション

1月30日(土)の午後1時30分より、厚木市文化会館小ホールで、「あつぎ市民ふれあい都市フォーラム」が開かれました。
地域福祉推進大会」と同時開催となります。
厚木市文化会館の池

 事例発表では、コミュニティカフェ荻野の運営をしている岩崎正昭さんから「地域住民のふれあいと活動の場づくり」と題して、Tobioギャラリー事業の紹介がありました。
Tobioギャラりー
厚木市市民協働事業提案制度を利用して、今年4月1日から運営開始となるものです。
パティオとびお商店街の店舗を利用して、東京工芸大学・UR都市機構と共同して企画しコーヒーを飲みながらサロン風な雰囲気の中で、地域住民の拠点の構築を目指します。
岩崎さんは地域のコミバス「森の里ぐるっと」の運営に関わってきたことから、荻野地区で「荻野ぐるっと」を構想中。

文化会館の池、表面

講演は元NHKアナウンサーで多くのスポーツ実況をし、現在は法政大学スポーツ健康学部教授の山本浩さんを講師に「ふれあいのある地域づくり~一人一人の声を聞き伝える力~」。
山本浩アナウンサー
アメリカのトップアスリートの環境の日本との違いから、トップアスリートとなるためには、経済的支援+情報+時間+コミュニケーションが必要であることが言われました。
コミュニケーションのポイントはたくさん吸ってちょっと吐くこと。
 吸う : 読む、見る、聞く
 吐く : 書く、話す
知ることで、ものの見方が変わってくる。
それにより、毎日をどう過ごすか、時間を何に向かって使うかも変わる。
 
文化会館の池、漣

コミュニケーションは社会生活での情報伝達のこと。
人は一人では生きていけません。
家庭や職場、地域でコミュニケーションが重要なのは言うまでもありません。
自らが学び考え、いろいろな人との触れ合いなど刺激を受けられ、コミュニケーションもより円滑になること間違いなしのいろいろな講演会、おススメです。
スポンサーサイト
  1. 2016/02/01(月) 06:27:46|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小林節さん講演会、厚木で開催 。「投票箱で革命を!」 | ホーム | すみよい厚木で、マイナンバー講演会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1319-e9a5f495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)