鬼灯を食う

鬼灯と書いて、ほおずきと読みます。
酸漿とも書きます。
ナス科の多年草で、袋状の萼(がく)に包まれた丸い実は、種を取って音を出す遊びをするそうですが、私はやったことがありません。
でも、食べたことがあります。
フルーツほおずき、蓼科ボンボン。
蓼科ボンボン

萼に包まれて

実は、プチトマトみたいです。
トマトとほおずき
左がほおずき、右がプチトマト。

口に入れて噛むと、甘くて酸っぱくて、種はプチプチ。
香りが口に残ります。


スポンサーサイト
  1. 2015/11/23(月) 10:08:20|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<恒例、朝の駅頭宣伝 | ホーム | 自然災害と原発災害は大きく違う~震災復興と地方創生、議会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1278-6f7ecefe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)