教育の機会均等、行き届いた教育の保障を 賛成討論②

陳情第7号 義務教育に係る国による財源確保と、35人以下学級の着実な
実施・進行を図り、教育の機会均等と水準の維持・向上並びに
行き届いた教育の保障を求める意見書を国に提出することを求める陳情

大手公園、赤い花、ピンクの花

 2014年版OECDの報告によると、日本がOECD平均より多いものは初等教育での教員一人当たりの子どもの数、低いものは教育費の一般政府総支出に占める割合、対GDP比での割合などとなっています。
以前、ある学習会に参加したところ、現役の教員が「大規模校にいた時は自分は子どもたちを見ていたつもりだったが、小規模校に赴任して、いかに子どもたち一人一人を見ていなかったかが分かった」と語っていたことがありました。
学校では、教員のみならず、学校事務職員や栄養職員も含め多くの職種の大人が関わりながら、学校環境をつくっていきます。行き届いた教育環境を実現させるために、しっかりとした予算措置をすべきであると考えます。
スポンサーサイト
  1. 2015/10/05(月) 14:19:25|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<安全保障法制、廃止を 賛成討論③ | ホーム | マイナンバー制度実施の中止または延期を 賛成討論①      >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1254-dfc1dff7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)