「すみよい厚木」のつどい、市の出前講座

9月27日(日)、依知南公民館で「すみよい厚木のまちづくりを考える会」の主催する「厚木のまちづくりを考えるつどい」が開かれました。
 同会は、市内各地域のまちづくりをどうしていくかについて、年に2回程度、公民館等を利用して、まちづくりのつどいを開いてます。

今回は、厚木市職員が市の施策等について説明する無料の出前講座を依頼したものです。
内容は「依知地域のまちづくり計画について」です。
 ① 「あつぎ元気プラン」第2期基本計画の依知地域計画について(企画政策課)
 ② 防災公園の具体的計画について(まちづくり推進課)
 ③ デマンド交通(地域の交通手段)について(広域政策課)
 ④ 買物難民対策について(商業にぎわい課)
 ⑤ 旧依知公民館の今後の活用計画について(企画政策課)
 ⑥ 国道129号線混雑による、市道への車両進入による渋滞の解消について
                                     (国県道調整課)
説明する市職員

 説明後の質疑応答では、市への質問や要望などが多く出され、時間が足りなくて質問できない人もいました。参加者の多くは地域のことですから関心が高く、予定の2時間を越えての活発なつどいとなりました。
 会では内容について10月中旬をめどに、会のニュース及びホームページに掲載するとのことです。
青空と樹葉

 議員団は既に議会として資料・説明を受けてはいますが、職員の説明はわかりやすく、改めて事業等の再確認ができました。
同時に、今回説明のあった計画や政策、事業など初めて見る市民がほとんどであるとのことが分かり、周知の必要性も強く感じたところです。
スポンサーサイト
  1. 2015/10/01(木) 14:15:37|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マイナンバー制度実施の中止または延期を 賛成討論①       | ホーム | 厚木市議会、決算についての常任委員会、終了。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1251-18c16acb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)