一般質問で、街路樹、保育、マイナンバー。

9月7日からの3日間は、一般質問。21人が行います。
私は、9月7日の2番目、10時からでした。
以下が登壇での発言です。
この後は、自席でのやり取りですが、1週間ほどで市議会のホームページで見ることができます。
秋の初め、紅葉はじまり

 日本共産党厚木市議員団を代表して通告の諸点について質問いたします。

 異例の長さの延長となった第189回通常国会では、内閣提出法案第72号「我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律案」と第73号「国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律案」、いわゆる安全保障関連法案、事実上の戦争法案の審議が続いています。
衆議院での2カ月の審議のなかで、法案が憲法違反であることが与党の参考人からも言われたにも関わらず強行採決し、その後の参議院では、防衛省と自衛隊の国会を無視した内部文書がつまびらかになりました。
さらに法案の根拠が崩れ、歯止めがないことも明らかになっています。
たびたび審議が中断し、速記を止めた回数が86回にもなりました。
参議院に移ってから、あと1週間で60日になろうというのに、衆議院での審議時間には、まだまだ及びません。
国会の外では、8月30日、12万人もの国民が国会議事堂周辺に集まり、法案の廃案を求める行動が行われました。
安倍首相にその声は聞こえたでしょうか。
昨日も、新宿で学者・若者、1万2千人が行動しました。
今後も、多くの行動が取り組まれます。
キセキレイ

戦争法案に目が向きがちですが、その間にもいくつかの法律が改悪されようとしています。
国民の管理、監視をしようという国の思惑が見えているのが、社会保障・税共通番号制度です。
来年1月の運用開始を前に、準備はどんな状況でしょうか。
運用されてもいないのに、法改正をして、共通番号の利用を民間にも広げようとしています。
そもそも、この制度が国民にとって本当に必要な制度なのか、誰のための、何を目的とした制度なのか、大いに疑問を感じるものです。
当初、法律で定めていた、社会保障、税、防災に限るとしていた目的は一体どこへ行ったのでしょう。
厚木小学校のフェンスの朝顔

社会保障の一つに保育があります。
厚木市は、今年4月に厚木市立保育所を1か所民営化し、現在5か所の市立保育所があります。
保育基準の緩和が取りざたされている中、子育て環境日本一を謳い、国基準より厳しい基準を定めている厚木市は、今後、どのようにしていくのでしょうか。
カラスウリの花

道路の街路樹について、市民から様々な声があります。
緑を増やしてほしい、あるいは、伐採を求してほしいなど、相反する要望があり、行政は判断しなくてはなりません。
街路樹の種類の選定にも、安全性と維持管理の両面からの長期的な見方が必要です。
ツユクサ

質問をまとめます。
(1)市政一般について 
ア 市道における安全対策について
(ァ)維持管理の成果と課題は。
  イ社会保障・税番号制度について
  (ァ)制度施行に向けての状況は。(ィ)課題認識とその対応は。
ウ保育所運営について
(ァ)基準緩和の課題は。
以上です。よろしくご答弁をお願いいたします。
スポンサーサイト
  1. 2015/09/07(月) 16:59:46|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<一般質問、市長の答弁です。 | ホーム | 愛川町議選、予定候補の事務所開きに行く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1242-8428be11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)