9月議会、初日の様子です

厚木市議会9月定例会議は9月1日から始まりました。
初日の本会議の質疑は、釘丸議員と、奈良議員だけでした。
緑の木立

報告12・13・14号 財政健全化判断比率
釘丸)財政健全化判断比率、実質赤字比率と連結赤字比率は―となっているが、マイナスの数値を細かく見ていかなければならない。将来負担比率が増えている。以前より厳しくなっている。
財務部長)実質赤字比率はマイナス5.46で、(前年度から見ると)0より開いた。連結はマイナス8.96と0に近づいたが、病院の建設により余裕度が縮まった。大型のプロジェクトがあるのでいたしかたない。他の部分でカバーする。
奈良)法は地方自治体に役に立っているか。
財務部長)法により、事前に基準を設け、国の関与が可能になった。
サルスベリ、遠景

議案52号 教育長の任命
8年間教育長である平井広教育長が9月30日で任期が終了することから、新しく曽田髙治教育長に。
採決は最終日を待たず、9月9日、一般質問の後になります。
今議会中に、教育長が変わることになります。
百日紅、アップ

議案53~59号 平成26年度決算
奈良)総合計画節目の年。総合計画との関係ではどうか。
政策部長)これからの6年は総合計画を実現させる期間。その外部的問題として、少子高齢化、防災、東京オリ・パラの視点を入れながら6年、特に3年しっかりやっていく。
釘丸)財政力指数、単年度は1.087と改善しているが、3年平均でみると1.076と加工している。推移をどう考えるか。
財務部長)21年度は1.4。リーマンショックの影響であったが基準財政需要額も減っている。今年の収入と需要額との差は27億円。75%で計算するので36億円。厚木は、36億円入ってこないと、指数は1を切る。
釘丸)法人税は14.2%と増。国税化にどう対応するか。
財務部長)厚木は不交付団体。国に要望出している。
釘丸)企業誘致条例、10年経った。42社60件、投下資本額は1206億円。前半5年で43件、後半5年が17件120億円。政策として大きく掲げているが、どうか。26年度の固定資産税減免額及び雇用はどうか。
産業振興部長)リーマンショック以前は企業の投資意欲が高く呼応できた。最近はアベノミクスなどもあり緩やかな改善。21年度までの分は期限が切れて4億6000円の増収があった。将来の財源として増収につながる。雇用は全体で7000人の増。厚木での新規採用、うち雇用奨励金は860名位。雇用奨励金は条件があり46人。効果あると捉えている。
トチノキの葉

議案60号  マイナンバーに関する条例を制定
奈良)社会保障・税共通番号制度、不安な点が多々ある。体制をどう整備するか。漏えいを防ぐことは可能か。
市長)ご心配、私も全く同じ。時間的にタイトな中で詰めていくことになる。国が進めているが、最後は基礎自治体の責任。人を増やせばいいというものでもない。情報セキュリティー、慎重にいろんな方面から対応する。
トチノキの実

議案61・62号 マイナンバー、公共施設の使用料に関する条例の改正
釘丸)全体で市の収入、つまり市民負担はどれぐらい上がるのか。
経営戦略担当部長)25年度決算で比較すると、550万円の増を見込んでいる。
白いきのこ

議案63・64号 工事請負契約
現在の総合福祉センターを保健福祉センターとするための整備、27・28年度の工事。
(仮称)保健福祉センター整備の本体工事と衛生・設備工事
釘丸)ボランティア団体との協議はどうしてきたか。地下の駐車場利用、3時間の制限あるが短いのでは。
福祉部長)各種団体と個々に打合せをしている。駐車場は重度障害者用を中心に、公用車と医師用が必要であり、一般で使える部分は非常に少なくなる。10月上旬に全ての登録団体に通知し周知。
釘丸)障害者と家族も来る、使いやすいように整備を。その後も皆の意見を聞いてほしい。
スポンサーサイト
  1. 2015/09/01(火) 17:17:40|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<厚木市民体育祭, 屋外での開会式 | ホーム | 国会正門前で グレゴリオ聖歌を思い出しつつ コールする>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1239-2ab828c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)