総務企画常任委員会を傍聴。請願でのかみ合わない質疑

6月11日(木)は6月定例会議の総務企画常任委員会
委員長は越智一久議員、、副委員長は古川環議員。
徳間和男・奈良握・川口仁・石井恒雄・井上武の各議員。
朱ガーベラ

議案は1件
・動産の取得

「高機能消防指令センター設備機器」と「消防救急デジタル無線(活動波)設備機器を、3億672万円で取得します。
主要メーカー5社から見積もりをとって設定した予定価格の56.3%であり、低率入札での価格への懸念が出されました。
理事者からは、コンピューターの性能が格段に上がり、現場到着時間の短縮ができるとの答弁もありました。
あやめ

請願が1件
・所得税法56条の廃止を求める意見書を国に提出することを求める請願
厚木市議会では、請願者の意見陳述を、休憩時間にできることになっています。
暫時休憩に入り、請願者の2名が、5分間で、業者の家族労働の実態、さらに、その後の質疑では、労働の対価が認められないことを訴えました。
各議員からは「青色申告にすればいい」という程度しか言われません。
人権問題であるとの訴えはなかなか理解されず、あまりのかみ合わなさに、唖然。
委員会を再開して、奈良議員が青色申告と白色申告の数を質問。
平成27年度の青色は9006で63.3%、白色は5217.
ここで、他の議員から「そんなにあるのか」との声が聞こえました。
―結論は、賛成少数(1名)で、不採択。
休憩中の意見陳述や質問とそれへの答えが良かっただけに、記録にも残らないことが残念でたまりません。
議会最終日の討論で、何とかしたいものだと思っております。
百合

陳情は2件
・保険診療への消費税ゼロ税率課税(免税措置)とする意見書を
                   国に提出することを求める陳情

奈良議員)現状の在り方、おかしいと思っている。どう改善するかだ。賛成。
徳間議員)当事者には、どう考えても不合理。市立病院も、消費税率が10%になったら大変。仕入れは消費税を払うが、患者からはもらえない。
川口議員)課税したうえで0%との陳情。税率の軽減もまだはっきりと決まっていない段階だ。ゼロにならなかった場合、患者にもかかってくる。今の時点で採択は難しい。
 ―採決の結果は、賛成少数(2名)で不採択。
人参かな

・「平和安全法制整備法」「国際平和支援法」案の廃案を求める意見書を
                   国に提出することを求める陳情

奈良議員)賛成、採択すべき。国会延長が9月との話もある。憲法との整合性はどうなのか。もっと国会がしっかりしてくれないと。最近の答弁に危うさを感じる。そういう人に判断させていいのか。
川口議員)議論の最中だ。「戦争立法」等と書いているが、戦争しようとする人は誰もいない。戦争立法の言葉を使われるのは納得できない。不採択に。
古川議員)「戦争立法」は語弊と感じる。国の動向を見守る。趣旨採択に。
石井議員)「戦争立法」「戦争に巻き込まれないように」「廃案」等、かなりきつい中味だ。国の議論は日々変化している。地方自治体から廃案をでなく、むしろ、じっくり議論してほしい。賛成しかねる。
―先ず、趣旨採択で採決し、賛成は一人。
 次に採決し、賛成は一人だけで、不採択になりました。
茄子の実

今議会最終日の6月24日、討論。
今任期最後の討論と採決です。
どの会派、どの議員が、討論するのか、しないのか、その内容や態度はどうなのか、よーく見てください。
 
スポンサーサイト
  1. 2015/06/11(木) 21:36:28|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<厚木での日本共産党演説会、畑野衆議員を迎えて | ホーム | 私が飲酒をしない理由>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1184-7ec1dd66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)