日産見学、1億円の車に試乗 NATC視察

 11月19日、厚木市の議員22名が森の里にある日産先進技術開発センター(NATC)を視察しました。青山学院大学の跡地11.8万m2 に7棟、1400人が働く自動車の研究・先行開発の技術センターです。水素と酸素で発電、排出は水だけという燃料電池車に試乗しました。エンジン音はほとんど無く、特に信号で停止した時は大変静かで、振動もありません。5分で水素ガスを充填、300キロ以上走行でき、最高速度は150キロ、お代は何と一億円。
IMG_0498.jpg

 「若い人に物に親しませる、人とディスカッションをする、会社としてその場を提供する」試作工房を設置しているという説明がありましたが、後で聞くと「昔は車がよく故障して自分で修理したけれど、今の若い人たちはそういう経験はないでしょう」と。
 最新技術の開発が進むのはよいけれど、厚木市がそこに税の減免をするというのは、、、、。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/24(土) 22:48:12|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブログランキングに参加しました | ホーム | 恩名の沖原西交差点(仮称)信号設置へ一歩前進>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/118-1f7e3de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)