中学校の運動会でー見えない思いを姿に表す

5月23日(土)は市内各中学校で体育大会がありました。
子どもから大人へと変わりつつある子どもたちの体育大会は、小学校とは違った迫力があります。
長縄跳び

私は地域の南毛利中学校を訪ねました。
校長先生の挨拶はいつも、楽しみです。
今日は、「思いは見えません。
でも、見えない思いを姿に表すことはできます」とのお話。
見えないもの、計れないいことが、たくさんあって、それを見たり、知ったりする力って、それもまた、見えないんですよね。

生徒会長のあいさつ、「全力とは諦めないということ」。
縮景園の樹

そう。できないと思っても、あきらめないで続けていくことで、実現することもあります。
戦争立法も、数の力で押し切られそうにも思うけれど、この子どもたちが大人になった時、日本が戦争する国になっていいはずがない。
諦めないで、全力を尽くすのです。
スポンサーサイト
  1. 2015/05/23(土) 18:57:31|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<議会での、議員個々の賛否がわからない | ホーム | 河原で2992人、1180キロ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1162-937125be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)