厚木市教育委員会、久しぶりの傍聴

4月28日(火)、午後3時から定例の厚木市教育委員会がありました。
今年は、28年度から3年間、中学校で使う教科書を決める年です。
新しい教育委員が2名なのと、教科書展示がここで決定となるので、傍聴に行きたかったのです。
(いつも2時からなもので、急いで行ったら、3時だったというので戻り、途中で抜けた相談の続き。)
もみじ

4月は年度初めなので、職員の紹介がありました。
教育委員会の部長、次長、課長と指導主事など。

内容はまず教育長からの報告。
次に、議案が1件。教科書採択の件です。
教科書の展示会は6月10日から17日まで、アミュー(市民交流プラザ)です。
6月19日からは中央図書館で、常設展示とのこと。
教育委員会での採択は、7月28日の定例会。

その後は、報告が12件。ただし、1件は非公開。
藤塚中学校のトイレ改修、屋上太陽光発電、アリーナのLED化などと、市内8校209教室への冷暖房設備の設置。
三田小学校の際整備計画のスケジュール変更は、縄文時代の遺跡が出たので調査のため1年遅れ、31年に。
通知表誤記載への対応、各種委員の委嘱、放射性物質の測定結果(給食食材、大気、日光修学旅行の下見)。
綿毛のタンポポ

盛沢山の委員会でした。
資料には出ていないものもあり、やっぱり傍聴しないとわからない。
今日はたまたま、時間がとれたので、議会には出てこない話も聞けて勉強になりました。

都市経済常任委員会でも思ったけれど、情報は待っていたのでは取れないものです。
自ら求めていかなくては、知ることはできないと、改めて感じた傍聴でした。
スポンサーサイト
  1. 2015/04/28(火) 18:29:28|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<厚木市議会議会基本条例(案)の市民説明会 | ホーム | 厚木市総合教育会議>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1137-29e80987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)