総選挙前に、農業まつりでバトル

11月22日(土)、晴天の下、第45回厚木市農業まつり畜産祭・収穫祭が厚木中央公園で開かれました

農産物品評会場前にて
卵はひとり2パックまで。1パックは味玉にして、冷蔵庫に入れてます。

開会式は9時から、国・県・市の議員も出席して行われました。
厚木市農業協同組合組合長のあいさつで、「アメリカはこの40年間で、格差社会となった。今、日本も新自由主義によって格差社会になりつつある。政府は農協改革を言っているが、実際は農協の解体だ。政府は日本の農業をつぶそうとしている。農協も改善していくべき所は努力していくが、日本の食を守っていかなくてはならない」と挨拶。
来賓あいさつで、自民党の前衆議院議員が「自分は農家に生まれ育った。農協改革の見直しは政権の中にいるものしかできない」と語り、続けて民主党の前衆議院議員が「与野党の調整がついて議員提案として出した、本来なら昨日成立していたはずの法案が、解散によって廃案になってしまった」と発言。
さらに閉会の言葉の中に与野党への批判を込めつつ、「今、二人の言葉をしっかり聞いた」と念押し。緊張していた会場も、一瞬笑いが。
さて、総選挙後の国会では、各議員がどんな態度をとるのでしょうか。

釘丸議員、もつ煮を食べる
会場でもつ煮を食べる釘丸議員。大腸・小腸・横隔膜の3種類のホルモン。他には何も入っていない。ダシは豚足でとっているので、コラーゲンたっぷり。

なお、先日解散した第187回国会(臨時会)での内閣提出法律案は31件ありますが、衆議院議員提出法律案は21件、参議院議員提出法律案7件となっています。ただし、解散もあって成立したのは閣案で7割。
農業関係では、衆案の「農業者戸別所得補償法案」というものがあります。


スポンサーサイト
  1. 2014/11/24(月) 19:15:04|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本共産党平塚演説会と厚木JCの公開討論会同じ日 | ホーム | 地域医療再生フォーラム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1085-746fc572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)