振り込め詐欺・交通事故を撲滅しようーとみんなでシュプレヒコール

9月22日(月)、厚木市文化会館で「振り込め詐欺・交通事故撲滅市民総決起大会」が開かれました。
会場入り口

このポスター、見たことあるでしょ?
会場前のポスター前

同じ場所で釘丸議員を撮ったら、「飲酒・釘丸・息子はサギ」になっていた。
釘丸議員がお酒を飲んだ時、私がハンドルキーパーになることがあります。
飲酒。釘丸・息子はサギ

午後1時半に開会。
神奈川県警察本部生活安全部長が「振り込め詐欺も交通事故も限りなくゼロにしたい。これは、警察のみの力ではできない。車の両輪のように警察と市民の力で。
振り込め詐欺は、知らない人にお金を渡さない、知らないところにお金を送らない。警察か身内に相談して。
死亡事故が増えている。マナーが悪くなっている。とっさのときにブレーキをかけられるような運転をしてほしい」と挨拶。

撲滅宣言のあと、参加者全員が立ってシュプレヒコール。
シュプレヒコールの準備中

講演、県警本部生活安全総務課警部が「神奈川県下の振り込め詐欺の情勢と取組
今年は8月末で1078件、被害額32億円超で前年同期と比べ412件、約9億5千万円の増。毎日4件以上1120万円が騙されています。前兆電話は県警への情報だけで1日50件もあり、実際は、この数倍はあるでしょう。
ほとんどが自宅の固定電話に朝8時から夕方5時までかかっています。被害者は70代80代で7割以上、「自分は騙されないと思っていた人が80%。

オレオレ詐欺は電話で息子や孫を装い、会社の金の紛失や使い込み、借金の保証人、不倫相手妊娠など、他人に相談し難い名目でお金を振り込ませたり、直接受け取りに来るもの。


架空請求は、現金を送ることができないゆうパック、レターパック、宅急便を使って現金を送るよう指示するのが特徴。

還付金等詐欺の手口は一つ。
役所の職員を騙り、「医療費の過払いの還付は今日が期限」などと、ATMを操作させて犯人の口座に振り込ませるもの。役所が医療費や保険料の還付金手続きとしてATMを操作させることはありません。
高齢者+携帯電話で話しながら+ATM操作で、詐欺でなかった例はゼロ!
金融機関等での声掛けで1日約千件の阻止をしています。つまり、実際に被害にあった人を合わせると、1日に8人が騙されて行ったという事です。
振り込め詐欺は、家族への愛情を利用した誠に卑劣な犯罪です。

その後は県央行政センター職員による寸劇
金持たまえさんが自宅にいると「還付金の通知が2週間前に届いていませんか」と電話。「今日が締切りです。急いでATMへ」。自分のキャッシュカードを入れて、「送金を押して」。「番号は○○○○」、実はこれ、犯人の口座番号。「金額は○○○○」。たったこれだけ。
たまよさんが残高確認をすると、増えているはず金額が減っていて驚くのであった。

交通安全母の会が、交通事故被害者の手記朗読
小学生の娘が登校中にトラックの下敷きになった事故です。事故の悲惨さ、残された家族の思いに、会場、音も無し。

最後に、9月5日に就任したての厚木警察署長から「自主交通安全・防犯思想を。誰もが被害者にも加害者にもならないように。誰もが住みたくなる安全安心の厚木に」とあいさつがありました。
スポンサーサイト
  1. 2014/09/24(水) 15:11:23|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<9月議会最終日の賛成討論ー陳情7件 | ホーム | 集団的自衛権に反対する陳情 - 総務企画常任委員会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1076-1877e49a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)