軍艦島に上陸する

義父の七回忌があるというので、お盆は長崎に行きました。

長崎市なので、世界遺産の登録申請中という軍艦島へ船で行ってきました。
台風8号の影響で壊れたところがあり、島に行けなかったそうですが、直前に行けるようになったばかり。
前日は波が高くて上陸できなかったそうです。
この日は上陸できました。
480×160メートルほどに5300人が住み、石炭を採っていた所。
40年前に閉山となり、それ以来ずっと、無人となっていた島。
もともとあった小さな島に、周りをコンクリートで固めて広げた形が軍艦のように見えるので「軍艦島」と呼ばれているけれど、本当は「端島(はしま)」と言う名だそうです。
IMG_1560.jpg

軍艦島を世界遺産にと進めているNPOの理事長・さかもとさんの案内でした。
端島にすみ、40年前に島を出たひとり。
当日は小雨。上陸するとき危険なので傘は持っちゃいけないそうで、船内で100円で買ったカッパを着用。
IMG_1476.jpg

石炭から石油へとエネルギー政策が変わり、廃墟となった場所に立つと、先日行ったばかりの福島原発近くの様子が思い出され、とても写真を撮る気にはなれませんでした。
40年間も無人であった島は、観光と言うには、まだ生々しくて。
この島(の一部)が世界遺産になったら、一体、どうなっていくんだろうか。
スポンサーサイト
  1. 2014/08/22(金) 20:05:29|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<長崎、ぶらぶら歩き | ホーム | 臨時議会での補正予算審議>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1066-64993226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)