厚木市議会6月議会の全議案および陳情と採決結果

厚木市議会6月定例会に出された議案・陳情は9議案と2陳情。
その概要です。

議案第37号 固定資産評価審査委員会委員の選任について
現委員の任期満了に伴い選任するもの。任期は3年。

議案第38・39・40号 人権擁護委員の候補者の推薦について
14名中3名が任期満了に伴い、再任を推薦。3人とも3期目。人気は3年。

議案第41号 厚木市市税条例の一部を改正する条例について
地方税法に一部改正に伴って、市民税の法人税割と軽自動車税の税率を改めるなどです。
主な部分は、法人税割の税率が法人税額の100分の14.7だったものが、100分の12.1と軽減されます。
軽自動車税は原動機付き自転車で1000円が2000円に、1200円が2000円に、軽自動車の2400円が3900円、7200円は10800円など。

議案第42号 厚木市福祉事務所設置条例の一部を改正する条例について
「母子及び寡婦福祉法」の一部改正で、法の題名が「母子及び父子並びに寡婦福祉法」と変わるため、条例もそこが変わります。

議案第43号 厚木市火災予防条例の一部を改正する条例について
昨年夏に福知山の花火大会で起きた露店のガス爆発火災を受けて、消防法施行令が改正されました。多数の人が集まる催しで火気器具等を使用する場合に消火器の準備が義務付けられます。

議案第44号 厚木市と清川村との消防に関する事務委託に係る協議について
平成28年4月2日からの厚木市と清川村で消防が広域化されます。その事務委託についての取り決めを行います。

議案第45号 平成26年度厚木市一般会計補正予算(第1号)
当初予算では計上されなかった国・県からの交付金が決定されたため、又は制度上必要になったものについての補正です。社会保障・税番号制度システム整備、特養・老健各100床の新設への補助、障害者施設のサービス利用計画、河川愛護団体への補助、消防広域化に伴う事務経費や消防緊急無線デジタル化整備、土曜授業研究事業。

陳情第1号 手話言語法(仮称)制定を求める意見書を国に提出することを求める陳情
厚木市聴覚障害者協会から、手話がろう者にとって必要な言語であることの周知と普及・研究できる環境整備を目的として法の制定を求めています。

陳情第2号 「憲法解釈に変更によって集団的自衛権の行使を容認することに
                     反対する意見書」を国に提出することを求める陳情

閣議決定による解釈改憲で、海外での武力行使に対する憲法の歯止めを外し、日本を「海外で戦争する国」にする集団的自衛権の行使容認に反対します。
採決の結果

議案は全て可決。
陳情は、手話言語法は採択され、厚木市議会として国に意見書を提出しました。
集団的自衛権反対の陳情は、賛成は8名。
釘丸、栗山のほか、奈良・高田・松前・名切・内川・古川の各議員が賛成。
他は反対で、残念ながら、不採択となりました。全国200ほどの議会では意見書や決議がされているのですが、厚木市の議員の多くは、反対の意見も言わずに、反対。

常任委員会で意見ぐらい言えないのか?
最終日に討論もできないのか?

集団的自衛権に賛成なら、そのことを言えばいいじゃないか。
解釈改憲を認めるなら、そのことを言えばいいじゃないか。
理由も言えずに、ただ、反対か?

スポンサーサイト
  1. 2014/07/10(木) 17:37:56|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<厚木のまちづくりを考えるつどい | ホーム | 憲法解釈の変更での集団的自衛権に反対の陳情で―賛成討論>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1052-ffb7a044
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)