2月議会での賛成討論

3月20日は厚木市議会2月議会最終日。
委員長報告の後、採決前に討論。
私は、以下の通り、賛成討論を行いました。

江の島から富士山を望む
日本共産党厚木市議員団を代表して、
25請願第1号 新聞購読料へ消費税軽減税率を適用することを求める意見書を国に提出することを求める請願  および
25陳情第12号 公契約条例の制定を求める意見書を神奈川県に提出することを求める陳情
の2件について賛成の討論を行います。

先ず、25請願第1号 新聞購読料へ消費税軽減税率を適用することを求める意見書を
国に提出することを求める請願
 についてです。
消費税は所得の低い人ほど負担割合が高くなるという逆進性を持っています。
国は社会保障の財源とするために消費税をあげるとして、4月1日から現在の5%から8%へ、さらに来年の10月には10%へ上げようとしています。
消費税を上げたい側は、日本の税率は低い、他の国ではもっと税率が高いとも言っています。
日本以外にも消費税を課税する国はありますが、その多くが、食料品を初めとして新聞や書籍など日常生活に必要なものについては、非課税であったり、ゼロ税率であったりします。
単純に税率で比較できるものではありません。
今請願の提出者は新聞組合ですから、新聞購読料に特化していますが、当然、他の品目についても軽減税率が適用されるべきです。
消費税増税に反対する立場から、今請願について賛成するものです。
みつまた、だと思います。サミュエル・コッキング苑にて
そして、25陳情第12号 公契約条例の制定を求める意見書を
神奈川県に提出することを求める陳情
 です。
 昨年4月1日、厚木市では、公契約条例が施行されました。制定に当たり厚木市議会で審議がなされ、他市でも成果がある事を認めて全員賛成であったと記憶しています。
施行から1年が経過しますが、工事2件、委託19件の計21件の実績があり、26年度は工事4件を予定しているとのことです。
今議会では本会議2日目に、公契約条例について理事者から「各業界の労働環境の向上に寄与していると自負している」との答弁がありました。
他市でも厚木市でも成果があるこの条例を、さらに多くの自治体が実施するように求めていくのは、先行している自治体として、当然のことではないでしょうか。
公契約条例を制定するように神奈川県に求めることに何の問題があるのでしょうか。

以上、請願1件、陳情1件についての賛成討論といたします。


スポンサーサイト
  1. 2014/03/23(日) 17:20:26|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<厚木市議員団の議会報告会~愛甲宮前公民館 | ホーム | 厚木市立病院の建設現場、住民見学会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1027-8150ce6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)