釘丸家の結婚式は大雪だった!

厚木の女性議員は7人。平均して、子どもが約3人います。釘丸議員は男・男・女、私は男・女・男。

今月8日は小田原で、釘丸家のお嬢さんの結婚式でした。
大雪予報が出ていて、小田急線が止ったら行けなくなるというので、前泊することに。

当日、雪が降る、積もる。
ホテルから歩いて、雪景色を楽しみながら式場の報徳会館へ向かう。
荷物を抱え、式場に向かう花嫁の母

「ういろう」のお店の前では、女性店員さんたちが雪かき。
外郎(ういろう)のお店

控室にいると、花嫁さんが、それはそれは可愛らしい装いで現れました。
花嫁と母。雪景色の前で

結婚式は神前で、雅楽の生演奏、みこさんの舞もあり、厳かな雰囲気で進みました。
三三九度

披露宴では、お二人とそれぞれが関わってきた出席者の慶びの心があふれていて、その場にいることが、とても快い宴でありました。
ケーキ入刀、見つめ合う二人

私は「新婦の母の友人」でしたが、和服で出席。
この着物は、釘丸議員のリクエスト、帯揚げと帯締めは釘丸議員のお母さんのものでした。
帯は、私が議員になるとは思ってもいなかった8年前、夫が、結婚20年の記念に買ってくれたものです。
いちばん大事な帯なので、お祝いの心をこめて、締めました。
この日、一枚だけの私の写真

現在の日本は、若い人の結婚が減っているとの数値があります。
生活が安定していないと、子育ても大変。
現在は、団塊の世代が多いので高齢者が増えているけれど、その後に来るのは、人口減。
昨年、社会保障の学習会で、「恋愛が社会を成り立たせる重要な要素」であることが話されて驚いたけれど、本当にそうなのよね。
恋愛もできないのでは、社会が継続できないのは確か。
命みじかし、恋せよ乙女
人生80年、恋せよ若者。

スポンサーサイト
  1. 2014/02/21(金) 15:09:48|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<厚木市議会2月定例会、始まる | ホーム | そもそもから学ぶ社会保障―厚木はもうすぐ2月議会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1022-624916d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)