危ない用水路、市に改善を要請

側溝1側溝2側溝3
5月19日(土)の夜、自宅への帰宅時、信号待ちをしていた時の事。
左の歩道を直進して来た自転車が用水路に転落。そこは歩道が切れた先に用水路があり暗闇では歩道が続いているように見える所。びしょ濡れになった青年と一緒に、自転車を引き上げ懐中電灯を借りに一番近くの家に。そのお宅で傷の手当をしてもらってから我が家に連れて行きました。なんでも厚木に来てまだ一ヶ月の一人住まいの大学1年生とか。
私にも同じ年頃の子どもがいますので他人事とは思えず着替えさせてアパート近くまで送って行きました。翌日彼は郷里のお母さんとお礼に見えました。用水路に落ちてなくなったご親戚がいるとの事で、事故への対応を大変喜んでくれました。21日(月)くぎまる久子前市議と現場で確認後市の道路維持課に要請。「すぐ見に行きます、改善する」との回答がありました。一番右の写真は23日用水路に蛍光ポールが2本設置されたところ。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/25(金) 06:07:04|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<栗山かよ子物語 | ホーム | 乳幼児医療費一部負担について県に要請しました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/10-27a7303c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)