FC2ブログ

これから4年間の厚木市長、決まる

2月17日が投票日だった厚木市長選挙は、現職が引き続きこれからの4年間をリードすることとなりました。
あゆコロちゃん・ハナちゃん

組織で、もっとも大事なことは、「組織を継続させること」との説アリ。

「厚木市」は、昭和30(1965)年2月に、県下13番目の市として誕生。
当時の人口は31,295人。
その時に行われた市長選挙は、投票率が、87.88%!!!

64年後である今年、人口は22万5千人。
市長選の投票率は、40.60%。

厚木市を継続させていくのは、市長なのではなく、市民一人ひとりなのだ。
市民の皆さん、関心を持とうよ。
自分と、自分の大事な人の命と暮らしを継続させるために。

スポンサーサイト
  1. 2019/02/18(月) 15:07:38|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

市長選、始まりました。次は知事選。

立春から1週間の2月10日(日)、厚木市長選挙が始まりました。
3人が立候補。

厚木の日本共産党は自主投票ーということになりました。

6日の厚木青年会議所主催の3人の市長選予定候補者の公開討論会に行きましたが、一番面白かったのは、現職からの他の2候補への質問。
「12月5日に自分は立候補表明をした。
なぜ、それ以前に立候補を表明しなかったのか」。

誰がトップになるかで、市政は変わります。
それを監視するのが、議員の役割。
鬼のお面

県政もそうです。

県知事選勝利をめざす2・7決起集会に行ってきました。
県知事選に立候補する岸まき子さん。
今、私たちの社会は生まれ変わろうとしていますーと、
憲法が実現される県政に全力をかける思いを、丁寧に心を込めて語りました。
明るい県政をつくる会
「誰一人として取りのこさない」「誰の子どももころさせない」神奈川へ、ReBorn
リボンの騎士ならぬ、リボーンの岸です。


  1. 2019/02/10(日) 17:28:08|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0