FC2ブログ

生活保護研修、2日間みっちり

8月24日(金)・25日(土)の2日間、
第10回生活保護問題議員研修会 
 “敬天愛人”のまち鹿児島から生活保護を考える
  今こそ問われる、地方行政のあり方

に参加してきました。
自治会館前

主催は「生活保護問題対策全国会議」と「全国公的扶助研究会」で、会場は鹿児島県庁の向いにある鹿児島県市町村自治会館。全国から集まった自治体議員約300人が生活保護について学習しました。
プログラムは以下の通りです。
分科会では釘丸議員が第2分科会、は第5分科会を受講しました。

【8月24日(金)】
13:00 基調報告 「生活保護基準の度重なる引き下げと、あるべき生活保護制度」
     講師 花園大学教授 吉永純氏
吉永純氏

14:00 講演「NPO法人抱樸(ほうぼく)の居住支援 
     居住と暮らしと地域づくり住まいと暮らしの安心確保事業
     ~抱樸が実施する民間連携型居住支援とは~」
      講師 NPO法人抱樸理事長 奥田知志氏
奥田理事長

14:55 講演「拡大する住まいの貧困と居住支援の課題」
    講師 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授・
        一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事  稲葉剛氏
稲田剛氏

15:20 意見交換
    NPO法人抱樸理事長 奥田知志氏、
    立教大学大学院特任准教授 稲葉剛氏、
    ゆくさの会 しばた氏
意見交換
    
15:55 講演「取材現場から見えた”貧困“」
    講師 元毎日新聞記者 西田真季子氏
西田真季子氏

17:10 特別報告1「地元からの報告~『身寄り』問題の解決に挑む~」
    ゆくさの会 しばだ氏、生活保護利用者深水氏、同池上氏
特別報告1

【8月25日(土)】
9:15 分科会
  第1分科会:生活保護なんでもQ&A
第2分科会:生活困窮者自立支援制度を有効に機能させるために
          講師 羽曳野市保健福祉部福祉総務課 仲野浩司郎氏
  第3分科会:地方都市から子どもの貧困をなくす
  第4分科会:実践!居住支援~各地の居住支援協議会、民間団体の取組
  第5分科会:生活を困難にする滞納処分の問題点
          講師 税理士 角谷啓一氏
武田武男氏

          講師 聖学院大学講師 柴田武男氏
柴田氏

  第6分科会:多様な課題を抱える方々への支援

12:45 講演3 「憲法と生存権」
        講師 首都大学東京大学院教授 木村草太氏
木村草太氏

14:40 特別報告2「私のまちの生活保護~議員としてのチェックポイント~」
        講師 社会福祉士・元世田谷区保護担当職員 田川英信氏
田川英信氏

    まとめ講演「あるべき生活保護改革とは何か」
     講師 生活保護問題対策全国会議代表幹事・弁護士 尾藤廣喜氏
尾藤廣喜氏

現場で自らが実践している人もいれば、マスコミによく登場する理論家のクールな大学院教授など、講師もバラエティに富んでいた研修会でした。

1日目は台風でしたが、鹿児島空港に着くと晴れ。
バスで会場に向かっている途中は雷雨がひどく車内で悲鳴も上がりましたが、着くころには小降りになりました。
次に到着の飛行機は雷雨のため出ることができず、機内にしばし留め置かれたということです。
研修後はホテルに直行し食事と入浴。
朝は前の晩にホテルで買った薩摩揚げ(鹿児島ですから!)とパンを食べて会場へ。
研修が終わると会場前から空港へ。
バスからは雲がかかってはいたけれど大きな桜島が見えました。
ホテルから見た桜島
 早朝、ホテルから見た桜島

バスから見た桜島
会場からの帰り、バスから見た桜島


飛行機から見た桜島
帰りの飛行機から見た桜島

移動の途中では歴史を感じられる様々な建物等もあり、大河ドラマ「西郷どん」の空気をちょっとは感じてきました。
普段、気にかかっていたも含め、議員活動ですぐに役に立つ内容でした。
今回の研修について、9月議会で釘丸議員が取り上げます。
私は、生活扶助基準引き下げ後の12月議会、で一般質問をしようと思っています。
あ、9月議会の決算審議でも使います。
スポンサーサイト
  1. 2018/08/29(水) 17:56:57|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長崎へ。精霊流し,原爆落下中心地など。

8月15日から17日、夫の実家のある長崎に行ってきました。

台風で飛行機が飛ぶかどうかわからない!
8時15分発なのに、7時30分に天候調査。
飛ぶことになったが、羽田に引き返すか福岡に行くかの条件付き。
「あと5分で長崎に到着」との機内アナウンスに、安堵する。
 
 厚木はどうかと心配になる。
 7月末に台風12号に備えて土嚢(どのう)をたくさんつくり、保管している。

夫の実家で仏様を拝んでから、精霊流しを見に行く。
タクシーの運転手さんによると、今年は検番の人が亡くなり、芸者さんが浴衣を着て歩くそうだとか。
検番とは、芸者さんの取次の事務所らしい。
へ~と思っていたけど、本当に梅奴さんの船が来ました。
後ろには、芸者さんが浴衣を着てついていきます。
着物の丈、帯の結び方、襟の抜き方・・・プロですねえ。
梅奴さんの船

芸者さんたち

 厚木も、かつては温泉がにぎわっていて、夕方になると道端に芸者さんが並んでいたこともあったそうですが。
 今は昔。

ハウステンボスに行きましたが、とにかく暑い。
佐世保市のこのあたりはカブトガニの生息地。
数年前、佐世保市に視察に行ったとき、夜明け前に朝市を見に行ったら、カブトガニを売っていてびっくり。
このへんで獲れるのね。
デモ、絶滅危惧種。
カブトガニ

中に入ると、人気(ひとけ)の無い場所があったので一休み。
この場所は―とみると、柵の隣に勝馬投票券売り場「ウインズ佐世保」。
ハウステンボスに、ギャンブル場?!
JRAウインズ

 昨年、厚木には競艇の舟券売場の計画が持ち上がったけれど、住民運動で阻止。
 厚木もかつて平塚競輪場の6市競輪に加わっていたが、脱退。
 現在、施行者は平塚市のみ。
 ギャンブル依存症は、WHO(世界保健機関)では精神疾患に分類されています。

平和公園と原爆資料館
空と地面を指している平和記念像。
資料館にはたくさんの折り鶴。
若者に、被爆体験を語るおじいさん。
原爆落下中心地

平和祈念像

原爆資料館玄関

 原爆が落ちていなければ、長崎はこの公園も資料館もつくらなくて済んだのに。
 穏やかな気持ちで、市内観光ができただろうに。
 世界遺産に登録されたばかりの場所で、歴史と文化を感じることができるのに。
 市内の見どころを運転手さんに聞くと、歌手・福山雅治の実家も今や観光地らしい。
 核兵器禁止条約に署名も批准もしない、被爆国日本の現実を思う。

今回の長崎行は、夫の母に、二人のひまごを見せることが目的。
現在・過去・未来、つながる人と歴史を、しみじみ感じたのでありました。

  1. 2018/08/20(月) 17:50:32|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい常任委員会。環境教育委員が、ほとんど市民福祉に移行!!

8月7日に決まった新しい常任委員会です。
◎は委員長、○は副委員長。
私は今回も市民福祉常任委員会ですが、なんと、私以外は全員、前回の環境教育のメンバーでした。
前回の委員会を総務企画を✖、市民福祉を△、環境教育を☆、都市経済を□にして、各委員の後ろにつけてみました。

総務企画常任委員会
◎神子雅人(あつぎみらい)△
〇新井啓司(新政あつぎ)□
 釘丸久子(日本共産党)✖
 奈良握(あつぎの会)☆
 川口仁(公明党)△
 難波達哉(あつぎみらい)□
 渡辺貞雄(あつぎみらい)✖

市民福祉常任委員会
◎田上祥子(公明党)☆
〇瀧口慎太郎(あつぎみらい)☆
 栗山香代子(日本共産党)△ 
 松田則康(あつぎみらい)☆
 山本智子(あつぎの会)☆
 新川勉(新政あつぎ)☆
 山﨑由枝(公明党)☆

環境教育常任委員会
◎沼田幸一(あつぎみらい)△
○高橋知己(新政あつぎ)✖
 高田浩(無会派)✖
 寺岡まゆみ(公明党)□
 松本樹影(あつぎみらい)△
 田口孝男(新政あつぎ)△
 望月真実(あつぎの会)✖

都市経済常任委員会
◎名切文梨(あつぎの会)□
〇高橋豊(あつぎみらい)□
 石井芳隆(新政あつぎ)△
 越智一久(あつぎみらい)✖
 井上武(新政あつぎ)□
 井上敏夫(あつぎの会)□
 遠藤浩一(公明党)✖
  1. 2018/08/08(水) 12:23:13|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月議会で、常任。特別委員会等が決定。

市議選まであと1年を切った8月7日(火)、厚木市議会第3回議会が開かれました。
今議会は、沖縄県糸満市との友好締結を記念して、理事者も議員も全員が沖縄の正装である「かりゆし」を着用して出席。
また、議会改革の一環として進めてきたタブレット端末機を持ち込んでの初議会であり、本会議終了後には報道機関が議場内で議員の様子を撮影しました。

毎年、8月議会は1日のみで、常任委員会等を決める議会となります。
4常任委員会・議会運営委員会・特別委員会の委員の選任の後、暫時休憩して別室にて、正副委員長が互選で選出されました。委員会構成は裏面に掲載します。
その後、理事者から報告2件と議案3件が提案されました。
それぞれについて、質疑がありました。

報告第14号 専決処分の報告について(厚木市建築基準条例の一部を改正する条例)  
建築基準法一部改正により接道要件等の条項がうつることで、市の条例の文言が変わりますが、実際には厚木市内での影響はありません。

報告第15号 専決処分の報告について(平成30年補正予算(第2号))
予定納税に係る還付金、1億447万千円。
市内の大手企業1社。
還付金の積み立てが21億5千万円あり、今回の還付で20億4552万8千円になった。
今後は予定納税の状況を見極め、最終2月議会で通常の財政調整基金に積み替える。

議案第54号 工事請負契約の締結について
都市計画道路厚木環状3号線(第2工区)街路整備工事。
愛名及び下古沢地内の街路整備工事で35億3550万4200円。
工期は平成34年2月28日。
全体で6工区で1700m、概算で65億2000万円を予定。
完了は36年3月を予定している。

議案第55号 工事請負契約の締結について 
三田小学校グランド整備第2期工事、2億16万7200円。
県道座間荻野線に係る工事。
県からの補償金は工事ごとに債務契約を結び、年度ごとに清算する。

議案第56号 平成30年度厚木市一般会計補正予算(第3号)
大阪北部地震での塀の倒壊を受け、市内公共施設の安全点検をしたところ、緊急に補修が必要な個所が生じたための改修工事。
まつかげ台児童館、水引第一公園、まつかげ台中公園、南部学校給食センター。
また、市民からの問い合わせが多く、危険ブロック塀等防災工事補助金を、当初150万円に450万円を追加し、計600万円にする。

3議案は全員が賛成で可決

これからの1年間は、今回、決まった委員会での審議となります。
 
  1. 2018/08/08(水) 11:49:09|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鮎まつり、無事終了

8月4・5日の2日間、第72回あつぎ鮎まつりが開かれました。
開会式とオープニングパレードに参加。
今年は、開会前に沖縄県糸満市と友好都市の締結式があり、糸満市からは市長をはじめ、たくさんの方が参加しました。
糸満市は、沖縄本島の最南端。
平和記念講演、平和の礎やひめゆりの塔などがあり、平和交流が期待されています。
北海道網走市は厚木市と糸満市も友好都市です。
そこでの縁で、厚木市も糸満市と友好都市を結ぶことになったのです。
友だちの友だちは、友だち。
友好都市締結を記念して、厚木市では、職員も議員も、沖縄の「かりゆし」を推奨。
今年の猛暑・酷暑には、涼しくて快適です。
糸満の経済活性化に一役。
いろんなかりゆしがあるので、目にも、楽しい。
糸満・菊地議員と。
真ん中が、糸満の共産党、菊地君子議員。
3人とも、かりゆし着用です。

沖縄でも5本の指に入るという酒蔵「まさひろ酒造」の「瓶踊り」。
社長も従業員も、頭に泡盛の入った一升瓶を載せて、勢いよく踊ります。
まさひろ酒店の瓶踊り

4日夜の花火でにぎわった翌朝は、河原や中心市街地の清掃。
祭りの後だけあって、食べ物の容器、串や輪ゴムがたくさん落ちていました。
朝7時には終わり、まちはきれいになりました。
中央公園のゴミ回収ボックス

閉会式前の「民踊おどり」に、県人会の一員として参加。
私は今年で3年目です。
そろいの着物を譲り受け、自宅で着てから集合。
今回は、携帯型手動式ミストシャワーが大活躍。
特別に暑い夏だったので、皆、大喜び。

2日間で70万5千人が来場し、厚木の夏を楽しみました。
晴天に恵まれ、事故もなく無事終わって、ほっとしました。
まつりを楽しめるのも、たくさんの方の協力があればこそ。
そして、平和であればこそ、です。
  1. 2018/08/07(火) 11:48:14|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月に研修。自治体財政の基礎in東京

7月25日(水)・26日(木)の2日間、地方議員研究会の研修に行ってきました。
東京駅から徒歩5分にあるTKP東京駅八重洲カンファレンスセンターの9階で行われた
「どこよりもわかりやすい自治体財政の基礎in東京」です。
講師は、立命館大学政策科学部教授の森裕之氏。
森先生、左

7月25日(水)
10:00~12:30 「これが自治体財政のすべてだ①」
 ・そもそも財政って何?
 ・家計に例えてわかりやすく解説
 ・国と地方の完成をおさえる
 ・地方財政課計画と自治体の予算

14:00~16:30 「これが自治体財政のすべてだ②」
 ・歳入と歳出
 ・地方交付税と臨時財政対策債
 ・財政指標の味方と議論のポイント
 ・まち・ひと・しごと創生総合戦略と財政
 ・予算と地方議員が押さえておく勘所
自治体税制の基礎 テキスト

7月26日(木)
10:00~12:30 「あなたの街の財政状況を確認①」
 ・決算カードを見られるようになろう
 ・決算カードを比較したら財政がわかる
 ・歳入について詳しく解説します

14:00~16:30  「あなたの街の財政状況を確認②」 
 ・歳出について詳しく解説します
 ・決算カードを使えるようになろう
 ・財政の知識を政策に活かす 
森先生、右

 
私は森先生の講義は自治体財政と公共施設再編等で4回目かな。
いつもの研修ではできるだけ一番前に席をとるのですが、ちょと恥ずかしく後方に座ろうとしたら、空いていたのが一番前。
森先生に「前も来てますよね」と。
はい、そうです。

1日目は、自治体財政のそもそもからの丁寧な説明で始まったので余裕かと思っていたら、不交付団体がもらえない地方交付税と臨時財政対策債の話になるとちんぷんかんぷん。
昼休みに、厚木市が不交付団体であることに関していろいろ訴えてしまいました。
森先生曰く「自治体財政はわかりにくい。私もわかるまで20年かかりました。何度も繰り返し受講を」との言葉に気を強くしたのであります。
森先生とスリーショット

財政って難しい。
でも私にとって、財政でなくても簡単なことはあまりありません。
常に新しい。
もし、無人島に行くとしたら何の本を持っていくかと聞かれたら、たぶん、六法全書と広辞苑。

釘丸議員を誘っての研修でしたが、森先生の講義は初めてとの事。
決算カードを使ったり、いろんな自治体の財政の事例も出てきたので、たいそう面白がっていました。
なお、釘丸議員は2日目だけの受講。
これまで何度か参加した一般向けの自治体財政研修とは異なり、議員向けなので議会での質疑の例のおまけつき!
さすが、議員研究会。

厚木に戻っても仕事が残っていたので、帰りのロマンスカーの中で夕食。
おにぎりセット
梅のおにぎりと、金目鯛そぼろのおにぎり。

8月30日から、決算を審議する9月議会が始まります。

  1. 2018/08/02(木) 12:42:52|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

災害対策。台風・雨水に備える。

西日本豪雨災害で大きな被害が出て、猛暑の下で復興作業が進められています。
被災された方へ心からお見舞いを申し上げます。
その後に台風もありました。

災害対策で、個人の準備もいろいろあるでしょうが、厚木市は、台風12号に備えて、職員が土嚢(どのう)をつくりました。
台風に備えて土嚢①

7月27日(金)の午後、炎天下の厚木中央公園に職員125人が集まりました。
土嚢つくり、消防職員も

土嚢袋に砂をスコップで詰めて2100袋の土嚢が完成。
土嚢をひもで縛る

幸いにも、厚木での被害はほとんどなく、実際に使ったのは702袋。
大型土嚢

土嚢袋と砂24tで、約24万円。
今回、使わないで済んだ1398袋は、関口、のランプ下の資材置き場に保管しています。

台風や豪雨でなくても、皆さんのお近くの道路の側溝に泥や落ち葉がたまって、雨水の流れが悪くなっていることはありませんか。
側溝から水が溢れ出してくることがあります。

 市内某所で「側溝に泥がたまって水が噴き出す」をという声があり、市の道路維持課に伝えました。
猛暑のある日、市の道路補修事務所の黄色い車が止まっていました。
側溝浚渫、トラック

道路を横切っている溝の金網を外し、泥を取り除いていたのです。
たまっている土や落ち葉

だいぶ取れた土

土をトラックに積む

浚渫、ひざより深く

昔は地域の人が総出で、コンクリート製のふたを上げてやったものでした。
施設が改善されて、現在は市が維持管理をしています。
側溝に泥等がたまっていたら、道路維持補修事務所にご連絡を。
他にも穴が開いているとかカーブミラーが見えにくいとか、道路に関して何か気が付いたら早めに道路補修事務所にご連絡を。
早めに対応することで、事故を防ぐことができますし、補修費用も少なくて済みます。

道路補修事務所
  〒243-0021 厚木市岡田1-11-10
  電話番号: 046-225-2655; ファックス番号: 046-227-1936;
  メールアドレス: 4300-2@city.atsugi.kanagawa.jp
    開所時間: 午前8 時30分~午後5時15分
    休所日: 土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

  1. 2018/08/01(水) 13:14:24|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0