FC2ブログ

厚木母親大会で、暉峻淑子さん「日本の人はこんなに愚かだったのか」

1954年の太平洋のビキニ環礁でのアメリカの水爆実験を機に「原子戦争の危機から子どもの生命を守る母親の大会を」として、翌55年6月に「生命を生み出す母親は 生命を育て 生命を守ることをのぞみます」をスローガンとして始まった日本母親大会。
同年7月にはスイスで世界母親大会が開かれました。
その後、途切れることなく日本母親大会が開かれ、都道府県や市町村でも母親大会が開かれています。

6月16日(土)は午後1時からアミューあつぎ9階のホール112で第17回厚木母親大会が開かれました。
今年は「子どもたちにどんな社会を残すのか―がけっぷちの2018年」と題した講演、埼玉大学名誉教授の暉峻淑子(てるおかいつこ)さんが講師です。
戦争を経験した1928年生まれの90歳。
用意された椅子に「皆さんの顔が見えないから」と、1時間20分超もピッと背筋を伸ばしたまま立ち通しでした。
冒頭の「日本の人はこんなに愚かだったのか。自公に3分の2を与えてしまったのよ」に度肝を抜かれました。
暉峻淑子さん

今年は日本の将来を決める分岐点
私たちはがけっぷちに立っている。
データを改ざんしたり隠したり。
病気になったことを考えてみて。
血液検査の結果を改ざんした値を届けたら、違う診断を下すことになる。
今はデータの時代。
日本の健康を保つとき、データに嘘があっては国の方向を誤らせる。
「野党は政権を担えない」というが、野党にはチェック機能がある。
野党が50%近くいないとチェック機能が果たせない。
今の状況はかつての大政翼賛会と同じ、独裁国家だ。
太平洋戦争のあと、子どもたちは「先生はどうして戦争に反対しなかったの」と聞かずにいられなかった。
今後、何年か後に「戦後の70年は、好戦的日本国民が、平和を守ることができた唯一の年」と書かれるかもしれない。
なぜ、あの時2018年に3分の2を与えたのか、と。
今年は決戦の年。
人間らしい心を取り戻す。
5月のつつじとユリ

戦前戦後を生きてきた人間としての思い
海外で日本人に聞くと皆、「70年の平和国家が日本の一番の誇り」と言う。
平和憲法があったからだ。
闇は光に勝てない。
嘘は真実に勝てない。
戦争をしなくても、戦争を肯定する社会は反人間性、反知性。
社会の言葉は対話でなく命令になる。
沖縄に米軍基地をつくれとの命令に、当時の大田沖縄県知事はアメリカのペリー国防長官と対話して長官は理解した。
対話によって物事を進めようとする世界の哲学者がいた。
ソ連がキューバにミサイル基地をつくったとき、ケネディ大統領とフルシチョフ首相が対話することで基地の撤去に至った。
対話で、何万人もの命を救ったのだ。
現在のアメリカ大統領と日本の首相には哲学があるのか。
6月の田んぼの2羽

政権による急激な右傾化
戦前は国民を殺す憲法。
お国のために命を投げ出せ、口ごたえするなと、命令と服従。
現憲法は健康で文化的な生活を保障する、人を生かす憲法。
2006年に教育基本法が改悪され、愛国心、伝統の継承が求められる。
道徳を正規科目に。
政・官のトップが道徳を守らない。
社会規範意識が衰退している。
日本の現首相は対話がない、節操がない。
北朝鮮問題でもアメリカ大統領の言いなりで自分の考えさえない。
6月の空と雲

子どもや孫たちへの私たちの責任を考えよう
対話に勝るものはない。
プラトンは対話を重要としていた。
対話は民主主義のシンボル。
人間の言葉は対話である。
人類は対話する本能を持っている。
戦争を防ぐことになる一番は、対話である。
5月の青空

講演の最後、会場からの質問は「大学は文学部だったが大学院で経済を学んだのは何故か」。
暉峻さんは、
「文学は人間の理想を学ぶ。
それは個人としての理想。
社会は経済で動いている。
社会がどういう形で動いているのか。
一人ひとりの人間は経済をコントロールできない。
福祉国家をつくるために経済をコントロールしないといけない。
一方的にまくしたてるのでなく、一人ひとりと対話をすることが大事である。
生きているのは自由だと知ることだ」と、
ロマンスカーの時間が迫っている中、熱く語りました。
スポンサーサイト
  1. 2018/06/28(木) 17:03:10|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最終日、討論と採決

国会は、32日間も延長。
悪法を強行採決するつもりだろうが、国民の反対は大きいのだ。
6月23日、厚木中央公園の一輪のアジサイ

厚木市議会では、6月議会が終わりました。
最終日6月22日(金)は、委員長報告の後に、各会派からの討論がありました。

陳情第16号「厚木市長の在任に期数に関する条例」の実施を求める陳情 
≪陳情の項目≫は「市長の連続3期を超える多選禁止の実施を求めます」です。
条例は、多選禁止ではなく、「努めるものとする」と努力規定になっています。
陳情名と陳情の項目があっていないのは明白。
趣旨採択について、討論をしたのは4人でした。
 賛成 : 奈良議員(あつぎの会)
 反対 : 釘丸議員(共産党)、石井議員(新政あつぎ)、高田議員(無会派)
採決で反対したのは、 共産党(釘丸・栗山)の他に、
新政あつぎ(石井・井上・新井・田口・新川・高橋(知))、
無会派(高田)の9人。
 他は賛成で、結果は「趣旨採択」になりました。

他の自治体でも、首長の多選自粛条例はあるけれど、禁止はほとんどありません。
神奈川県は禁止条例ですが、法律に引っかかるので、施行できていません。
6月23日の中央公園の植え込み

以下は、私の賛成討論です。
請願第1号「所得税法第56条見直しの意見書を国に提出することを求める請願」について賛成討論を行います。
先日、隣接する清川村の議会では同様の陳情が採択されました。
6月12日の総務企画常任委員会では、請願審議冒頭に、請願者の意見陳述がありました。ただし、休憩時間での陳述となるため、委員会室に入っていないと聞くことができません。客観的事実に基づく内容、業者婦人の切実なる思いのこもった訴えを、当日、その場で聞けなかった方のために、また、当日その場にいたけれど聞き漏らした部分があった方のために、請願者から原稿をいただきましたので、それを読み上げ、議員の皆さんの賛同を求めて、私の賛成討論といたします。
6月の大山の青白大遠景

 厚木市議会への8度目の請願をするにあたり、5月12日に開催された厚木市議会議会報告会の場で、総務企画常任委員の皆様に訴えをさせていただきました。
 また、今年も、28名の全議員宅を訪問し、資料を添付して、請願採択をお願いしてまいりました。
 その中で感じたいくつかの点について述べさせていただきます。
6月大山の青白、アップ

 まず、「この間の変化はないのか?」「1年しかたっていないのに同趣旨の請願とは?」と問われたことに対してです。
 私たちは変化を作り出すために地方議会から国に意見書を挙げていただくための運動ととらえています。
全国での採択議会については、この一年で、483から498へと前進がありました。
ちなみにこの運動を始めた2008年は、わずか13議会でした。
大きな流れであり変化だと思います。
 2017年11月の日本弁護士連合会の意見書では「同じ労働に対して、青色といわゆる白色申告とで差を設ける制度は矛盾している」と主張し、「女性の家族従業者としての労働の価値を正当に評価するため、所得税法第56条及び第57条の見直しを求める」としています。
 また、日本税理士連合会が「平成29年度税制改正に関する建議書」を出すなど、法律や税務の専門家も56条廃止・見直しの意見を発表しています。
 近年の厚木市議会総務企画常任委員会における議論も踏まえ、今年は国への意見書としては「見直し」と表現を変えてみました。
6月29日のノウゼンカズラ

 変化の二つ目です。
私たちのみの主張では狭いと思い、より多くの賛同を求めて、厚木市農協や業種組合・農業従事者とも話し合いをしてきました。
農民組合の女性から「朝早くから暗くなるまで休みも取れず夫と働いても私たち農業女性は働き分が認められていない。商売をやっている皆さんと同じ。ぜひ市議会で訴えてください!」と励ましていただきました。
また、厚木から半原地域をエリアとする睦合飲食店組合からも「女性が活躍するうえで今どき時代遅れの法律。賛同します」との意見をいただきました。
 この間、特に嬉しかったのは、税務の専門の議員さんから「57条で給料を認めているとうたっていても、ダブルワークを認めないということは、おかしいのでは」「働いた事実がタイムカードなどできちんと証明されていても、届け出がなければ給料を認めないのは疑問」などという、貴重なご意見をいただいたことです。
6月29日の田んぼと大山

 次に「税法は国が決めることだから、一議会がどうこう言う問題ではない」というご意見も頂きました。
 2014年に制定された小規模企業振興基本法は、小企業が持続的発展をしていくための施策を地方自治体の責務として定めています。
私たち中小業者は、地域経済の担い手として日本経済の発展に貢献してきました。
その中小零細企業をささえている家族従業者の働き分が正当に評価されないのなら「家業を手伝いたくても手伝えない」、「外に出て働いた方が収入になる」と、後継者不足に拍車をかけることになります。
地域の中小業者の活性化のために、厚木市議会として地方自治法第99条の規定により、国に意見書を挙げていただくことは重要だと考えます。
6月29日の市役所地区の夕方の空

 最後に。
 「人権としての働き分を認めてほしい」という要求は、人として、女性として当たり前の願いです。
資料でお渡ししましたが、国連女性差別撤廃委員会の勧告にもあるように、家族従業者の給与を経費と扱わない法制度は、わが国だけのものであり、国際的にも問題が指摘されています。
 時代は刻一刻と変化発展しています。家族従業者の人権としての働き分を正当に評価するため、所得税法第56条見直しの意見書を国に提出することを求める請願採択にお力添えをお願いして、陳述とさせていただきます。
 ありがとうございました。
7月1日の大山夕焼け

討論は、栗山一人。
採決では
  賛成が6名。
     釘丸・栗山・奈良・名切・山本・新川
 結果は 不採択でした。
  1. 2018/06/23(土) 12:56:10|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

総務企画常任委員会の様子です。市長任期に関する陳情あり。

2018年6月12日(火)は総務企画常任委員会。
メンバーは、渡辺・望月・釘丸・高田・遠藤・高橋(知)・越智(敬称略)の7名。

5議案、1請願、2陳情が審議されました。
議案については全員賛成で、可決。
6月19日、大山の雲

議案第48号 厚木市職員定数条例の一部を改正する条例について       
消防力の強化に向け、消防職員の定数を現在の249人から253人に4人増する。現在の特別救助隊を高度救助隊とするもの。

議案第50号 工事請負契約の変更について       
平成28年度公共下水道厚木排水区雨水貯留施設整備工事(継続)
       設計労務単価の改定及び残土改良の必要ができたための増額。

議案第51号 工事請負契約の変更について       
都市計画道路厚木環状3号線(第Ⅰ工区)街路整備工事
       設計労務単価の改定による増額。
       
議案第52号 平成30年度厚木市一般会計補正予算(第1号)       
相川分署新築事業費増(用地所得)
コミュニティ推進事業助成金で、消防団消防車両維持管理事業費増(団にホース25本)及び地域防災組織育成補助金(自主防に大型テントなどの備品)。
      
議案第53号 厚木市市税条例の一部を改正する条例について       
2020年までの3年間の特別措置。ICTやAI等の産業振興のため中小企業の設置への課税措置。
6月19日雲

請願第1号 「所得税法第56条を見直すことを求める意見書」を
国に提出することを求める請願

 理事者説明後、暫時休憩中に請願者による意見陳述。再開して審議。

越智議員 意見書提出の議会は増えているか。
市民税課長 昨年483から498へと15議会が増えている。
釘丸議員 働いた労働の対価が保障されない。人権的にも問題。
越智議員 自分も以前は白色申告だったが、青にしてから、気が楽になった。法をなおすのは非常に難しい。まず青に入れる話があるといいのだが。
釘丸議員 かつて白は記帳義務はなかったが、現在は義務付けされている。青か白かはその事業者の判断。青白は2体1の割合である。そのすべてを青に変えろと言えるのか。実際に働いているのであり、税制の見直しが必要だ。
高橋議員 今すぐに56条を廃止すれば解決するものではない。後継者問題とは違うのではないか。家族が担い手ですと目指すところが違う。反対したい。
遠藤議員 反対。57条がある。青にするのが合理的だ。
  採決の結果 釘丸議員のみ賛成 不採択

第12号 地方財政の充実・強化を求める意見書を国に提出することを求める陳情
陳情項目の一部に異論が出て趣旨採択との意見。
  採決の結果 釘丸議員のみ賛成  趣旨採択
6月19日の大山上空の空

陳情第16号 「厚木市長の在任の期数に関する条例」の実施を求める陳情
≪陳情の項目≫ 市長の連続3期を超える多選禁止の実施を求めます。
高田議員 賛成できない。条例はマストでなく努力義務。
高橋議員 賛成できない。条例制定時、多くの議員により真摯に議論された。今、このタイミングで禁止の実施を議会として受け入れるのはどうか。
釘丸議員 反対。制定時、立候補を制限するものと反対討論をした。
遠藤議員 趣旨採択に。
越智議員 趣旨採択。
望月議員 陳情の項目は禁止となっている。趣旨採択。
釘丸議員 条例は「努めるものとする」だが、陳情項目は「禁止」。条例の趣旨の文面と項目の差をどのようにお考えか。
遠藤議員 陳情者は条例について取り上げている。
釘丸議員 条例では「多選禁止」ではない。
高田議員 ほんのちょっとの違いで賛成できない。
釘丸議員 趣旨であれ、賛成の立場に立つ人は、条例と違う立場に立つことになる。条例の中身を吟味すれば「多選禁止の実施」とはならないはずだ。そこをどのように判断するのか。
越智議員 条例が多選禁止の強制力ないとは理解している。条例そのままに。

―11:24.ここで暫時休憩。各議員が会派に戻って話し合うことになる。
  13:00 再開―

遠藤議員 会派で趣旨採択が妥当と考える。項目は禁止で、条例の中身の実現が求められている。
越智議員 19年につくった条例を尊重していくべきだろう。
釘丸議員 項目は明らかに「禁止」。制定時に「禁止」との論議あった。憲法・地方自治法があり、禁止はできませんと答弁があった。多選禁止と憲法との関係についてどう判断するかだ。禁止は憲法の上を行く。決して趣旨採択や採択できる問題ではない。条例の実施要求と多選禁止はとっても大きな乖離がある。大きな矛盾がある。賛成意見と制度の中身とは別物だ。
望月議員 捉え方について再度会派で議論した。条例遵守していただきたい。
高田議員 問われている主体は我々議員だ。11年前の条例をどう理解しているか。条例を超えるものを求められても賛成できない。法のわかる人に相談していただきたい。委員会の結果と本会議で違うこともある。よく考えて。
釘丸議員 多選禁止が条例とどう関係してくるのか考えて。自治法で変えるとなればだが、今はできないと。努力規定と今陳情の多選禁止は別物。趣旨採択であっても一定の賛意を示すことは条例から逸脱している。

結果は 趣旨採択に賛成 望月・遠藤・越智
             反対 釘丸・高田・高橋
         委員長判断で趣旨採択

  1. 2018/06/21(木) 18:59:15|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォーミュラinあつぎ (with 厚木クレインズ?)

6月9日(土)・10日(日)の2日間、アミューあつぎで、「スーパーフォーミュラinアミューあつぎwithスマイル・キッズ」イベントがありました。
多くの来場者があり、講演会は満席。
10日、ちょっと様子を見てみようと寄った議員団、雨天のテントの下、「厚木のクレインズでーす」とにっこり。
厚木クレインズ
クレインズは富士スピードウエイのはきれいなお姉さんたち。
似ても似つかぬ姿に、周りも本人も大笑いです。

これは昨年のスーパーフォーミュラの様子。
富士スピードウエイ

昨年の富士でのトークショー。
監督3人のうち真ん中がインパル星野監督。
赤い靴を履いているのが近藤レーシング監督のマッチです。
富士スピードウエイの星野監督、マッチ他

B級ライセンスを持っていた栗山は、今年も行こうかと思っているところです。




  1. 2018/06/17(日) 17:47:33|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日、私の一般質問11時からでした。

厚木市議会6月定例会議、一般質問の1日目、私は3番目で11時からでした。
私の登壇と、理事者答弁です。
市立病院については新しい病院事業管理者ですが、診療のため病院事業局長が答弁しました。
IMG_1242.jpg

日本共産党厚木市議員団を代表して通告の諸点について質問いたします。

若者・学生の働き方について

栗山 労働基準法 第1条 労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。
②この法律で定める労働条件の基準は最低のものであるから、労働関係の当事者は、この基準を理由として労働条件を低下させてはならないことはもとより、その向上を図るよう努めなければならない。
  と、定められています。
今年1月22日から6月20日までの会期で開かれている第196回国会では、働き方改革一括法案が5月31日に衆議院を通過し、参議院厚生労働委員会で審議中です。
無制限の長時間労働を押し付ける恐れのある高度プロフェッショナル制度を含むものであり、労働団体からも、大切な家族が過労死をした遺族の会からも強い反対の声が上がっています。
長時間・過重労働だけでなく、合意のない労働条件や賃金不払い残業、パワハラなど過酷な働き方が社会問題となっています。
安心して働ける社会をつくることは本人はもちろんの事、社会を継続させるうえでも重要です。
労働については主に国・県が対応しますが、市として独自に情報提供をしていくことはできるでしょうか。

(ァ) 神奈川県との連携はどうか。
(イ) 市として情報提供していく考えは。
市長 若者や学生も活用できる事業といたしましては、本厚木駅北口における労働相談や労働法の基礎を学ぶ労働講座、女性労働者を対象にしたセミナー及びカウンセリングを県との連携により実施し、就労支援の充実を図っております。
さらに、本市の独自事業として、就職支援相談をはじめ、働く人の心の悩み相談及びナイター法律相談を実施しているところです。
また、相談者の実情に応じて、県が実施している労働相談窓口を紹介するとともに、県が作成した啓発冊子を配架するなど、情報提供を行っております。
今後につきましても、ハローワークや県などの関係機関と連携を進め、若者、学生及び女性が働きやすい環境の整備に努めてまいります。
保福センターそばの樹

生活保護行政について 

栗山 6月1日には、生活保護法の一部改正が行われました。
5年前に生活保護基準の10%引き下げが行われましたが、今回はそこからさらに5%の引き下げとなります。
昨年4月時点での厚木市の生活保護受給者は2258世帯、3098人であり増加傾向となっています。
前回の基準引き下げでは、住まいを変えなければならずに不安を抱えた方からの相談が相次ぎました。
物価が上がり、光熱費や食費を削っての生活をしています。
たび重なる引き下げに、「これ以上の倹約など無理。どうしたらよいのかと悩んでいる」との声も聞こえてきます。
改正の内容とそれに向けた市の状況と対応は如何でしょうか。

(ァ) 2018年10月の基準見直しに向けた状況と対応は。
市長 本年、十月に見直しが予定されております生活保護基準につきましては、生活保護関係全国係長会議において既に案が示されている状況であり、告示後、速やかに対応するための準備を進めているところでございます。
白花弁、黄芯

厚木市立病院について

栗山 厚木市立病院について、市民から信頼される医療を継続して提供するために、医療職員の確保をしていかなければなりません。
今年は診療報酬の改定がありましたが、さらなる収益確保を目指しての取組について伺います。

(ァ) 職員確保のための工夫は。
病院事業管理者 病院職員につきましては、おおむね採用計画どおり確保できております。
このうち、計画数に満たない看護職員につきましては、採用試験や奨学金選考試験の実施時期を早めるとともに、回数を増やすなどの工夫をしております。
また、就職合同説明会への参加や大学、看護専門学校への個別訪問を県内だけでなく、県外でも広域的に行うなど、あらゆる機会をとらえ、看護職員の確保に努めているところでございます。

(ィ) 病院の収益向上に向けた取り組みは。
病院事業管理者 新病院につきましては、診療科を増やし、専門性を高めるとともに、高度医療機器の導入など、診療機能を充実したことから、収益の向上が図られております。
今後につきましても、診療報酬制度による各種施設基準等の新たな取得など、質の高い医療の提供と共に、さらなる収益の向上に努めてまいります。
白のシュワシュワ

栗山 私は議員になって10年が過ぎました。
この間、市民の方から相談を受ける中で、市民の命と暮らしが、国の政治に直結していることを日々実感しています。
日本には最高法規である日本国憲法があり、憲法に基づいて法律がつくられます。
それに則って各自治体が行政を進めています。
市が独自の意思でできることも多々あります。
昨年、個人番号制度に関し、国が求めたことを厚木市があえて行わなかったことがありました。
その後、国は撤回し、厚木市の判断が正しかったことが明らかになりました。
この他にも、現場の声によって国が変えたことがいくつかありました。
国のすることに誤りが全くない、とは決して言えません。
国の動向を注視する、あるいは国の言いなりになるというだけではなく、市民福祉向上のための行政の実現を望むものです。
  1. 2018/06/06(水) 18:55:26|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の「厚木市史歴史講演会」は、中世の武士

厚木市教育委員会文化財保護課では、毎年講演会を開いています。
私も行けるときは行っていますが、結構満席になるので、早めに行かないと前に座れません。
昨年は、厚木南公民館で、市内での遺跡の発掘の調査について。
文化財保護課職員や発掘業者の方の話は、リアルでとても面白いものでした。
アリエムと蝶

さて、今年の「平成30年度厚木市史歴史講演会」。

厚木市域の中世武士
~本間・毛利・荻野氏など~


7月8日(日)午後2時から4時
アミューあつぎ 7階 amyuスタジオで、
國學院大學栃木短期大学准教授 菱沼一慶氏が講師です。

歴史って、今、ここにいる自分につながっているんですよね。
歴史が苦手だったけれど、秀吉の朝鮮出兵が自分につながっていることを実感してからは、歴史を身近に感じることができるようになりました。

今年の講演会は、何が出てくるでしょう。
楽しみです。

  1. 2018/06/04(月) 15:19:44|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0