FC2ブログ

前向きにとらえるースポーツ人のつどい

3月10日(土)の午後、東町スポーツセンターで「第45回スポーツ人のつどい」が開かれました。式典に先立って講演がありました。講師はロンドン・リオオリンピックで200mバタフライ銅メダルの星奈津美さんで、テーマは「水泳が私に教えてくれたこと」です。
星奈津美さん

1歳半でベビースイミングを始めてからずっと水泳をしていた。水泳から教わったことが3つ。
何か感じてもらえたら。
皆さんのプラスになってもらえたら。

悔しい経験を前向きにとらえる気持ち
速くなかったが、友達と会えるのが楽しくて通っていた。
スイミングクラブを移籍し、やるからには目標をもとうと県大会を目指した。
中2に全国大会へ行って意識が変わった。
表彰台に乗れずメダルがもらえなかった悔しさから目標を新たにした。
ジュニアの日本代表になり海外遠征もし、水泳の友達が全国にできた。
早くなるとこんなにいいことがあるんだと、「夢」が「目標」になった。

努力できる環境があることへの感謝
高1にバセドウ病で2カ月半のドクターストップ。
それまで当たり前だった水泳。
やりたいこと、がんばりたいこと、努力できることが、すごく恵まれていると気づくことができた。
一回一回の練習が毎日できることが幸せと感じ、より貪欲に、真剣に取り組んだ。

夢は自分一人のものではない
北京オリンピックで北島康介選手の連覇を観て感動。
オリンピックに出るなら私もメダルを取りたい。
今の努力ではメダルを取れないと、前向きにとらえた。
病気が悪化したとき、母の「泣いたって何も変わらないんだから。
手術する方法がある」で手術を即断。
 術後1カ月で復帰しコーチを変えた。
トップ選手が集まる環境って雰囲気が違う。
それぞれが明確な目標を持っている。
言い訳できない。
リオの銅メダルは全力を出し切ってのメダル獲得、生涯最高のレース。
自分の中で、すべてをプラスにとらえる。
手術前の母の一言がなかったら引退していただろう。
サポートしてくれる人がいる。水着をつくってくれる人がいる。
いろんな人の力で自分の目標を達成する。
周りのすべての人の夢が目標になっていくんだな。
自分の夢・目標がある。
同じように夢をかなえたい人がいる。
3月の水仙

式典では厚木市体育協会の発展に尽力及び全国大会で優秀な成績だった個人18人と5団体とが表彰されました。
また、全国大会に出場した多くの個人・団体の皆さんが紹介されました。
スポーツ人のつどい式典
スポンサーサイト
  1. 2018/03/27(火) 09:42:11|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日米安保の原案

3月21日は春分の日で、国民の祝日。
午後は学習会。

東京大学教授の高橋哲哉さんのお話を聴きに行きました。
平和で民主的な社会をつくっていくために
高橋哲哉氏学習会

私たちは、だまされないってことが、とても大事なこと。
戦後、国民は「私たちは、軍部にダマされた」と。
チェルノブイリ原発事故でも、政府は「日本の原発は絶対安全です」と。
しかし、7年前に福島原発の事故があった。
「ずっと嘘だった」という曲もある。

今度は、公文書の改ざん。
国は国民をだますことがある。
私たちは、だまされないために力をつけなくてはいけない。
それが民主義の条件。
大山

これが、冒頭の話。
それから「2018年に恐れていたことが、韓国と北朝鮮、アメリカの対話への流れで大逆転となった。
安倍首相はトランプ大統領より強硬だ。
日本は危機の認識が甘く、リアルに感じられていない。
これが本当の平和ボケだ」。
日本と世界、特に日本の周辺で起こっていることとして、沖縄での事故の多発が沖縄への構造的差別、犠牲のシステムによること、また、憲法改正問題、安保体制と安保法制など。
憲法9条が、日米安保体制の下で、どう機能しているか。
雲

旧日米安全保障条約の前文の始まり。
「日本国は、本日連合国との平和条約に署名した。
日本国は武装を解除されているので、平和条約の効力発生の時において固有の自衛権を行使する有効な手段を持たない。
 無責任な軍国主義がまだ世界から駆逐されていないので、前述の状態にある日本国には危険がある。
よって、日本国は、平和条約が日本国とアメリカ合衆国の間に効力を生ずるのと同時に効力を生ずべきアメリカ合衆国との安全保障条約を希望する。」と始まっています。

前文途中には「日本国は、その防衛のための暫定措置として、日本国に対する武力攻撃を阻止するため日本国内及びその附近にアメリカ合衆国がその軍隊を維持することを希望する。」となっています。

「第三条 アメリカ合衆国の軍隊の日本国内及びその附近における配備を規律する条件は、両国政府の行政協定で決定する。」ということで、日米行政協定を定めていました。

1951年9月8日署名、1952年4月28日発効の「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」です。
憲法は1947年5月3日施行しているのですが。
三峰山

日本がアメリカにお願いしてるので、いくら何でも、主権国家としてはどうなのかというわけで、1960年1月19日署名で同年6月23日発効の「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」が出来たのです。

その前文の書き出しは「日本国およびアメリカ合衆国は、両国の間に伝統的に存在する平和及び友好の関係を強化し、並びに民主主義の諸原則、個人の自由及び法の支配を擁護することを希望し、」とあります。

さらに、六条は「日本国の安全に寄与し、並びに極東における国際の平和及び安全の維持に寄与するため、アメリカ合衆国は、その陸軍、空軍及び海軍が日本国において施設及び区域を使用することを許される。
前記の施設及び区域の使用並びに日本国における合衆国軍隊の地位は、(略)、(旧)安全保障条約第三条に基づく行政協定(改正を含む)に代わる別個の協定及び合意される他の取極により規律される。」とあります。
これが、日米地位協定です。

現安保の時は岸内閣、つまり、安倍首相のおじいさんです。
そんなこともあって、安倍首相は憲法9条を変えたいんだろうなあ。
夕焼け空

旧安保の米軍原案の指揮権条項は、
(1)この協定(=旧安保)が有効なあいだは、日本政府は陸軍・海軍・空軍は創設しない。ただしそれらの軍隊の兵力や種類、編成、装備など、あらゆる点についてアメリカ政府の助言と同意があり、またその創設計画がアメリカ政府の決定に完全に従う場合はその例外とする
(2)戦争の脅威が生じたと米軍司令部が判断したときは、すべての日本の軍隊は、アメリカ政府によって任命された最高司令官の指揮のもとにおかれる
(3)日本軍が創設された場合、日本国内で戦闘行動を行うことはできない。ただし前節の[アメリカ政府が任命した]最高司令官の指揮による場合はその例外とする

憲法9条を変えて「自衛隊」を「国防軍」にしたら、安保法制そのものではないか!!!!
大山、青雲

高橋教授は、最後に「私もさらに研究していきますが、皆さんも~」と。
「茶色の朝」を読んで高橋教授にあこがれている私、学習して、行動して、今の政治を変えていこう。
  1. 2018/03/22(木) 20:13:35|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家庭の教育支援法の反対討論

2月定例会議にはいくつかの陳情が出ています。
そのうちの一つが、「家庭教育支援法の制定を求める意見書を国に提出することを求める陳情」。
家庭教育支援法は、政府・自民党が教育基本法にある家庭教育をもとに国会に提案をしようとしているもので、国がすべての家庭に介入できてしまう恐れをはらんでいます。
3月9日の環境教育常任委員会で審議され、3対3の可否同数で、委員長が可決にしてしまいました。
最終日の3月20日の委員長報告の後、釘丸議員が反対討論を行いました。
陳情についての部分は以下の通り。
3月22日の朝

政府与党が提出しようとしている今法案については、全国の弁護士によって組織された自由法曹団が法案提出反対の声明を出しています。
曰く「家庭教育支援法案は、戦前・戦中に行われた家庭への介入・ 支配と同様のものと言わざるをえず、同法案は憲法24条を否定し、子どもの思想・良心の自由、学習権及び成長発達権を侵害する危険が大きいものである」と。
当初の案には「基本理念」として「子に国家及び社会の形成者として必要な資質が備わるようにする」とありました。
与党内からも多くの批判があり削除されたものの、その根本精神は変わるものではありません。

憲法24条は戦前の家制度に決着をつけたものであり、徹底して個人を尊重するものです。
社会は、家族単位ではなく、個人の人格の尊重と尊厳に基づいて形成されるものです。
行政のやるべきことは、子どもたちに自由な精神生活と健康で安全な生活を保障するための環境整備です。

家庭教育支援法案は、政府が「家庭教育支援の基本方針」を定め、家庭に介入し指図しようとするもので、支援という名を被った支配に他なりません。
国家権力にとって都合の良い国民をつくるために家庭教育に介入する法律の制定には強く反対するものです。
3月22日の東の空

本会議での採決では、反対10、賛成16で、国に意見書を提出することになりました。
今国会は大揺れですが、今後どうなるのか注目です。
  1. 2018/03/22(木) 13:55:12|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月定例会議、最終日の討論

3月20日(火)は、2月定例会議の最終日。
各常任委員長報告の後は、討論です。
賛成が5人、反対が3人の計8人が討論に立ちました。
本会議は午前中で終わるかと思ったら、5番目までで午前がおわり、 6番目の私は午後1時からという予想外の展開。
昼のお弁当が喉を通らない思いながら完食して、気を取り直して、陳情1件の賛成討論を行いました。
3月20日の朝

日本共産党厚木市議員団を代表して、
陳情第10号 公立中学校夜間学級の設置を神奈川県に求める意見書提出及び市民に一層の周知を図り、その設置に向けて検討を進めることを求める陳情
について賛成討論を行います。
今陳情は、3月9日の環境教育常任委員会では賛成全員でありました。
本日の本会議での採決前に、討論をするものです。

国では、2016年に「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律」が成立しました。
法律の制定に力を尽くしたのが、文部科学省の前事務次官の前川喜平氏です。
前川氏は昨年11月19日に、アミューあつぎで、今陳情の提出者である「厚木えんぴつの会」が主催した映画と講演の会で講演を行いました。

その中で、夜間中学は、戦後、経済的な事情で昼に学ぶことが出来ない子供たちを、先生が手弁当で夜に教えたのが始まりであったこと、また、時がたち、夜間中学を廃止しようとしていた文科省が方針を変えたのは、現場からの声・運動だったことが話されました。
 さらに、権力者は国民が学ぶことを好まずと、「民は寄らしむべし、知らしむべからず」との言葉を紹介、焚書坑儒の歴史にも言及しました。
そのうえで、学ぶことが個人の尊厳を守る、学ぶことが民主主義を強くする、学ぶことが世界の平和と多文化共生社会を実現すると結びました。

現在、夜間中学の生徒は、経済的な事情だけではなく、日本語の不自由な外国籍の方、不登校で学校に行かないまま卒業したことになっている形式卒業者など、対象が変化しています。

私は、以前、親の都合で小学校にも行けなかったという方の相談を受けたことがあります。近所のお姉さんに、定規で手をたたかれながら字を教えてもらったという話が印象に残っています。もしも夜間中学が近くにあって自分で通うことが出来たなら、国籍も年齢も異なるクラスメイトと楽しく自由に学ぶことが出来たなら、その方の人生はだいぶ違っていたのではないかと思っています。

誰もが、安心して学ぶことのできる状況をつくるため、夜間中学について広く市民に知らせ、県央地区にも公立中学校夜間学級を設置すべきであると考えます。

以上、陳情1件についての賛成討論といたします。
椿

討論中、前川氏の名前を出したら、ちょっとざわつきましたが、前川氏は、厚木えんぴつの会のスタッフとして、ほぼ毎週厚木に来て、生徒に勉強を教えています。
  1. 2018/03/21(水) 20:16:43|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚木の中心市街地のハード事業を見て回る

3月18日(日)、日本共産党厚木市後援会で、本厚木駅周辺を見て歩きました。
午後1時半に東口に集合。

まずは、本厚木駅南口地区市街地再開発事業
現在の駅前広場での車と人の錯そうをなくすことと、駅前の高度利用を図るための事業で、面積は0.8ヘクタール。
個人権利者2名と法人権利者3名及び三菱地所レジデンスを組合員とする「本厚木駅南口地区市街地再開発組合」が施行者として進めています。
地下2階地上22階の再開発ビルの建築と、駅前広場の整備を一体で行います。
2020年度の完成を予定しています。
南口再開発工事現場

次に行ったのは、あさひ公園地下で行われている「公共下水道厚木排水区雨水貯留施設設置工事」。
厚木排水区浸水被害軽減対策事業」では厚木南地区貯ではこのあさひ公園下の雨水貯流施設と、厚木北地区の雨水貯留間の整備工事が計画されています。
現在は1時間降雨量が40㎜の雨に対応できることになっていますが、今度は51㎜にと、流出量換算で、1.7倍に。
5年前には最大降雨量が65㎜/時で、駅周辺が水浸しになりました。
そんなことがないように、浸水被害の軽減を図ります。
あさひ公園地下の貯留槽施設の工事が終わるのは2019年8月の予定。
工事が終われば、再びあさひ公園として整備します。
あさひ公園地下貯留槽工事
2月に行った議会の視察の時です。安全帯を付けました。

それから、イトーヨーカドーの跡地も見て、さつき公園で休憩。
ヨーカドーの跡地には19階建ての共同住宅、駐車場跡地は、2階建ての店舗と保育所、それに15階建ての共同住宅。

最後に、「中町第2-2地区周辺整備事業」です。
2-2の駐輪場を見下ろす
中町1丁目には市営駐輪場があり、ここを中町第2-2地区と言います。
中町1丁目にはその他、イオン、バスセンターや厚木保育所や図書館もあります。
厚木市は、2009年に中町第2-2地区周辺グランドデザインを、
2012年には「中心市街地の全体構想」を、
2013年は「中心市街地の公共施設再配置計画」を策定しました。
実際に事業が始まるまでには時間がかかりますが、工事が始まると早いものです。
既に、パートナーセンター・保健センターの跡地には、大型観光バス発着所が完成していて、供用開始を待つばかりとなっています。
この地区には複合施設も作ることになっていますが、それが具体的になるのは、来年度以降になるでしょう。
3月19日の朝

今回は公共事業の3か所を中心に2時間弱のまち歩きではありましたが、専門家の説明も聞き自分も若干の説明をしながら、また昔のあつぎの話も聞くことが出来ました。
自分が議員になってからの10年ほどの経過だけでも面白いものだと思いました。
参加者からは、厚木のこれからのまちづくりへの不安・不満、特に買い物がしにくくなったとの声も出ていました。
  1. 2018/03/19(月) 14:35:22|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3・13重税反対統一行動厚木地区集会。厚木税務署へ請願

来年10月に消費税を10%に増税しようとしている安倍政権。
森友学園問題で、内閣・国会が大激震のさなか、厚木中央公園で行われた「3・13重税反対統一行動厚木地区集会」に参加しました。
2018年3・13重税反対

9時半に始まった集会では多くの人が発言。
3・13民商婦人部

デモ行進して、厚木税務署に確定申告しつつ請願書を提出。
沿道から、手を振る人々も。

請願書の内容は以下の通り。

 私たちは本日、第49回重税反対全国統一行動厚木地区集会を開催しました。
 3月9日、佐川国税庁長官が森友学園疑惑で長官職を辞任しました。 
確定申告の最中に国税トップ最中の辞任は異常事態です。
国有財産を格安で売却し、記録も資料も破棄したという人を「適材適所」と国税長官に任命した首相の任命責任も問われます。
さらに、財務省が国会に提出した森友関係文書が改ざんされていることが明らかになりました。
内閣総辞職に値する大問題です。
佐川元長官や安倍首相夫人らを国会に証人喚問して徹底究明すべきです。
「森友・加計疑惑」は国の財政に関わる事件であり、政治家である閣僚や与党の責任をうやむやにすることは許されません。
 安倍首相は2019年10月に消費税10%への増税を明言する一方、年金・医療・介護・生活保護など社会保障のさらなる削減を進めようとしています。
 私たちは、景気もくらしも壊す、消費税増税と社会保障の連続改悪に反対します。
 庶民増税でなく、タックス・ヘイブンでの課税逃れや大企業・富裕層を優遇する公正な税制を改めるべきです。
 来年度予算の5兆2千億円を超える軍事費を削り、社会保障に回すことを求めます。
 税務行政では、「事前通知」無しの調査や、自治体による人権無視の徴収行政が問題になっています。
憲法と法律を遵守し、適正手続きを守る税務行政を求めます。
 東日本大震災から7年目を迎えました。
東北3県ではいまだに7万余人が避難生活を余儀なくされています。
原発被害者の完全賠償やくらしと生業が最優先する復興を進めるよう求めます。
 以上の趣旨から、政府並びに関係機関、厚木税務署に請願法に基づき次の事項を請願します。

【請願項目】
①消費税増税を中止し税率を5%に戻すこと。
②大企業・富裕層への優遇税制を見直し、応分の負担を求めること。
③税務署は憲法と法令を遵守し、納税者の権利を守ること。
④森友・加計疑惑を徹底究明すること。
⑤年金・医療・介護・生活保護など社会保障削減をやめること。
⑥労働法制改悪をやめ、雇用・くらしを守ること。
⑦原発は再稼働させず、自然エネルギーへ転換すること。
⑧憲法違反の戦争法・共謀罪・マイナンバーは廃止すること。
⑨辺野古の新基地建設をやめ、軍事費を削って社会保障に回すこと。
⑩憲法9条改悪をやめ、憲法を順守すること。

2018年3月13日
内閣総理大臣 安倍晋三 殿
関係各大臣 殿
厚木税務署長 殿
3月13日のハクモクレン

14団体170人が参加したとのことです。
翌14日、私は確定申告に行ってきました。
文庫本を1冊持って行ったので、2時間が読書時間となりました。
こんなに多くの人が納税に手間暇かけているんだから、税金が何に使われる、しっかり見ておかないとね。
  1. 2018/03/13(火) 16:55:40|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月1日の私の一般質問です。登壇での質問と答弁。

2月定例会議が始まり、一般質問です。
私は3月1日(木)の午後4時からでした。
登壇での質問と市長・病院事業管理者の答弁です。
ただし、病院事業管理者(山本院長)は診療のため、病院事業局長が答弁しました。


 先日、日弁連憲法問題対策本部委員の弁護士である楾大樹(はんどうたいき)さんの講演を聴いてきました。楾弁護士は、憲法を檻に、国家権力をライオンに例えて、憲法の基礎知識を解説しています。
「ライオンが私たちにかみついたりしないように、ライオンには檻の中にいてもらいます。いくらライオンが偉くても、檻から出てはいけません」と、話しました。
 安倍首相は東京オリンピックのある2020年までに、憲法を変えると公言しています。
憲法第99条では、国務大臣、国会議員等は憲法を尊重し擁護する義務を負うと定められています。
憲法を守り、暮らしを守ろうと全国で安倍改憲NO!の運動が広がっています。
憲法には、国民の権利と義務について最も多くの条項があり、第12条では国民に不断の努力を求めています。 

厚木市一般廃棄物処理基本計画について
 私たちには日常において絶え間なく努力を要する事柄が数多くあります。
その一つがごみ排出問題ではないでしょうか。
 厚木市には厚木市環境基本計画を具体的に展開していく個別計画に位置付けられた一般廃棄物処理基本計画があります。
平成27年度から32年度までの6年間の計画では、ちょうど今年度末が中間地点。
目標に向けてどのような状況なのかお聞きします。

環境センター
厚木市環境センター

新中間処理施設建設予定地
新ごみ中間処理施設の予定地(現センター3階より撮影)

(ァ) 計画中期である平成29年度末の現状は。
(ィ) 目標達成のために今後市がすべきことは何か。
市長 本計画の基本目標であります持続可能な循環型社会の実現に向け、市民の皆様には、ゴミの排出量削減に取り組んでいただいておりますが、ここ数年の実績値はほぼ横ばいとなっていることから、今年度は新たに、燃えないゴミの資源化に取り組み、一定の成果を見込んでいるところでございます。
 今後につきましては、目標の達成へ向け、新たに生ごみ処理器厚木キエーロの購入に対する補助や、新たな品目による資源化の推進など、市民の皆様とともに更なるごみの減量と資源化に取り組んでまいります。

厚木市立病院について
 厚木市立病院は、新病院建設中に地中埋設物、アスベスト、土壌汚染の問題が発生し、当初の予定からだいぶ遅れたものの、昨年12月にⅢ期工事が完了しました。
12月9日には竣工式典が盛大に催され、きれいでぬくもりのある病院だと喜ばれています。
 その病院の中では多くの人が働いています。
働きやすい職場をつくることが、患者・利用者にとってもより良い病院であるための条件です。
新年度に向けた医療従事者の確保状況について質問いたします。

市立病院、第Ⅲ期工事中のころ
第Ⅲ期工事中

市立病院、246歩道橋から臨む
病院西側の国道の歩道橋から

市立病院竣工式典
竣工式典。病院正面玄関前

(ァ) 新年度に向けて医療従事者の確保状況はどうか。
病院事業管理者 病院職員につきましては、新病院の建設に合わせ平成二十四年度に、病院事業企業職員定数条例を改正し、順次、職員の採用を進め、おおむね確保できたところでございます。
 新年度につきましても、患者の皆さんが安心して受診していただけるよう引き続き、必要な職員数の確保に努め、安定した診療体制を維持してまいります。

国民健康保険事業について
 国民健康保険事業は今年の4月1日、ちょうど1カ月後から、都道府県単位化がされます。
これまで市独自で実施してきたことが、都道府県が運営することにより何が変わるのか、市民の皆さんから聞かれることがあります。
その中でも市民にとっては保険料がどうなるのか、大変関心のある所です。
 また、他市で子どもの均等割の軽減をしているところがありますが、子育て支援の一つとして、厚木市でもできるのではないかと考えますが、いかがでしょうか。
未病センター
保健福祉センター2階の「未病センターあつぎ」で、健康チェック 

(ァ) 国民健康保険事業の都道府県単位化により保険料はどうなるのか。
市長 神奈川県国民健康保険運営方針におきましては、県内で同一の保険料とはしないと定められております。
 このため、保険料率につきましては、現行どおり各市町村が独自に算定することとなり、決算補填等を目的とした法定外繰入金の計画的、段階的な削減を考慮するとともに、被保険者への急激な負担増とならないよう決定してまいります。   

(ィ) 保険者努力支援制度への対応は。
市長 本制度は、国民健康保険制度改革の一つとして、国保財政基盤を強化する観点から、保険者としてしての努力を評価するインセンティブ制度でございます。
 評価の指標につきましては、保険者共通の六項目と国民健康保険固有の六項目の計十二項目で構成されております。
 本市においては、医療費適正化に資する効果や各指標の配点等を考慮し、データヘルス計画に基づく保健事業を始め、効率的に各対策を講じることで、より多くの交付金を獲得することが出来るよう努めてまいります。

(ゥ) 保険料の均等割における子供への軽減策を検討してはどうか。
市長 子どもに係る均等割額については、子育て世帯の負担を軽減する観点から、国の負担により軽減措置を行うものと考えております。
 現在、国民健康保険制度の基盤強化に関する国と地方の協議において検討されており、全国知事会や全国市長会からも要望を行っておりますので、今後の動向を注視してまいります。

3月2日の朝焼け

降壇でのやり取りは、1~2週間ほどでインターネットで見ることが出来ます。
厚木市のホームページで市議会での様子をご覧ください。
でも、生で、その場で見るのが一番いいんですよ。
現場の空気を感じられて、面白い。
傍聴に来ていた方が、「家にいるより暖かいし、ここにいる方がいい」風なことを話していました。
自宅の光熱費はかからないし、お茶もあるし、ゆったりした椅子に静かに座っていられるし、厚木市の行政や議員の様子がわかって、一石二鳥どころじゃなく、市民としては三鳥も四鳥もあるんじゃないかしら。
3日間の一般質問を全部聞いたら、議員通になれますよ。


  1. 2018/03/02(金) 17:39:10|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0