コテコテの3日間研修、さすが大阪。

4月24日(月)・25日(火)・26日(水)の3日間、大阪社会保障推進協議会主催の
「全国地方議員社会保障研修会」に参加しました。
場所は、なんば駅近くの大阪府保険医協会MDホール。
ホテルの前
会場近くのホテルの前。荷物を預けて、会場に向かう。

①4月24日(月) 13時~17時
介護保険新総合事業と次期見直しの争点
  日下部雅喜さん(大阪社会保障推進協議会・介護保険対策委員長)
講師:日下部雅喜さん

講師は堺市・区役所で16年間、介護保険を担当した。
仕事中は保険料の取り立てもしていたが、時間外は「介護保険は国家的詐欺だ」と言っていた。
退職して、やっと本音が言える。
著したのが『「介護保険は詐欺だ!」と告発した公務員』。
現在は西成区で居宅介護支援事業所のケアマネージャー。

介護保険の現状の説明、そして今後の見直しがどうなるかについて5つの課題が話されました。
 1 従来水準の報酬額保障か。報酬引き下げか。
 2 無資格・低価格の「緩和型A」はできる限り導入・拡大させない
 3 要介護認定申請権を侵害させない
 4 自立支援に名を借りた「卒業」・利用抑制をさせない。予防マネジメント問題
 5 「上限額」を口実とした削減をさせない
介護。75歳以上が増えている

②4月25日(火) 9時30分~12時30分
子どもの貧困~現状の問題点と国・自治体施策
  中塚久美子さん(朝日新聞記者)
講師:中塚久美子さん

上司に言われて母子家庭を取材。
教育費負担、進路が狭められている現状に疑問を持ち、子どもの貧困に取り組む。
食べるものがないという「絶対的貧困」だけでなく、その社会の中での「相対的貧困」を考える。
日本では「よく食べてよく眠る。学校に行く。友人付き合いをする。学校・地域行事に参加する。望めば進学。夢を抱く」。
貧困によって機会や選択肢の剥奪がある。
子どもは孤立や無力感という形で経験する。

行政だけでなく、民間でもいろいろな動きがある。
イギリスでは朝食を提供する幼稚園も。
イギリス。朝食の提供

自治体ができること。
既存の制度を点検し、実施、周知、拡充、改善、法改正などを。
何から始めるか、やはり実態調査。

③4月25日(火) 13時30分~17時
生活再建のために~生活保護、債権整理、ギャンブル依存症の基礎知識
  徳武聡子さん(司法書士・日本司法書士会連合会経済的困難者の権利擁護部会部会員・生活保護問題対策全国会議事務局次長)
講師:徳武聡子さん

多重債務相談への対応。
借金は必ず解決する

その後、生活保護制度の基礎知識の詳しい解説、また、総務省の「生活保護に関する実態調査結果に基づく勧告に触れながら、今、生活保護に何が起きているのかが話されました。

④4月26日(水) 9時30分~12時30分
公的債権・滞納処分の基礎知識と対処法
  戸田伸夫さん(税理士)
戸田伸夫さん

講師は元税務署職員。
昭和45年から徴収部門で差し押さえ一辺倒。最後の20年は執行停止を担当。
「今、四十数年の償いをしています」と皆を笑わせてから、国税徴収法と滞納処分の基礎知識を講義。
自治体で滞納処分のノルマ競争が激しくなっている。
職員の研修が十分になされていない。差押ができないものや猶予があることをきちっと研修する。
納税者の話をきちっと聞けるよう職員を配置する。
税の徴収は、昔は「生かさぬよう、殺さぬよう」だったが、いまは悲惨な事態や生存権を脅かす悲劇も横行。
逆進性が高い法律ができている。
「悪政による発生する滞納」(=自己責任ではない)を「時代遅れの徴収法で差押」するやり方は、権力の濫用だ。


⑤4月26日(水) 13時30分~17時30分
国保都道府県単位化最新情報と今後の争点
  寺内順子さん(大阪社会保障推進協議会・事務局長)
寺内順子さん

研修会の企画運営と進行をしていた寺内さん、最後の講義では講師です。
まず、国保財政は知っておかないと、都道府県単位化問題は理解できないーと参加の議員に確認。
毎月、大阪府の国保担当者と交渉しているということで、その時々の様子が手に取るようにわかるとか。
国保の都道府県単位化まであと1年足らず。
でも、まだ保険料の試算が出ていない。
試算をしたら高くなったので、公表できないでいるのだろうと。
公表したところは、一般会計からの法定外繰入を入れないでの保険料を公表して、あまり高くなっていないように見せかけている。
今でさえ払えない保険料がもっと高くなったら、さらに滞納が増えるのはわかりきっている。

道頓堀川とぽんぽん船
道頓堀川べりを歩く。ぽんぽん船に観光客がたくさん。

大阪社保協では全国の地方議員に案内を出したそうで、今回は北海道から沖縄までの150人で会場は満席。
厚木からは私と釘丸議員の二人でしたが、横浜や川崎などからも来ていました。
寺内さんと釘丸議員
大阪社保協の事務局長・寺内さんと釘丸議員。釘丸議員の座右の書は、寺内さんの著書『明日もやっぱり着物を着よう』。

講師は全員大阪。
しかも、全員が行政でも学者でもなく、現場で相談を受け、運動や発信をしている人。
普段は1時間ぐらいで話すのだそうですが、今回は3~4時間でたっぷり。
持つかなあと言いながら、事例に事欠かず、時間はどんどん過ぎていく。
質問も、議員としての知識と経験を踏まえてですから、切実な質問多し。
さすが大阪、日程も、中身もコテコテの研修やなぁー。

千日前道具屋筋の看板
会場から歩いて、調理用具等専門店の商店街に行ったら、なんと午後7時までで、みんな閉まった後でした。

黒門筋
そのまま歩いて別の商店街(黒門)に行ったら、鮮魚など食材の店が中心で、やはりもうしまった後でした。

スポンサーサイト
  1. 2017/04/27(木) 18:36:42|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昼寝、足りてる?「ヒルネタリウム」

日本プラネタリウム協議会の「プラネタリウム基礎調査2016」で、全国にある座席数99以下の小規模プラネタリウム171館の中で、観客数が2位となった厚木市子ども科学館。
今年度から年間パスポートを発行しています。
昨年の12月議会で条例改正があったものです。
個人、大人の200円が800円、子どもの50円が200円で、1年間、プラネタリウムを鑑賞し放題。
年に4回以上で元はとれる。

さらに連休が明けてからは、仕事が忙しくて星空を見る暇もないかもしれないビジネスパーソンに昼でも満点の星を見てもらおうと、昼休み時間にプラネタリウムを開きます。
5月10日(水)から、毎週水曜日の昼休みの12時15分から12時45分までの30分間、その名も「ヒルネタリウム」。
どなたでもOKですので、水曜日の昼に中心市街地に行くついでに鑑賞してはいかがでしょうか。
年間パスポートがお勧めらしい。

プラネタリウムだけでなく、本物の夜空を見る時間もあるといいですね。
先日行った清川村では、夜空の星がきれいで、北斗七星が近くに見えました。
日々の生活にあれこれ惑っていても、広い宇宙を感じると心が広くなる気がします。
  1. 2017/04/24(月) 06:49:23|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カラスのお灸

カラスのつく言葉、ことわざはいろいろあります。
  からすの濡れ羽色
  からすの行水
  からすの足跡  などなど。
4月16日の電線のからす

先日、唇の左端が荒れそうになった話をしたら、釘丸議員が「カラスのお灸」と。

カラスのお灸?

初めて聞いた。
で、その後、いろんな人に聞いたけど、知っている人は誰もいなかった。
ゼンマイ

でも、広辞苑に「烏の灸」があるのです。
「子供の口の周りにできるただれ。往々、瘡(かさ)を生じる」と。
口角炎のことのようです。

知ってました?
  1. 2017/04/19(水) 06:18:07|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学芸員さんがいるから守られている

安倍内閣の方々が、時にとんでもないでも発言をするが、今回も驚いた。
桜

学芸員さんの件である。

観光のためにいるのじゃないことぐらい知らなかったのかな。

自分の気にいらない人を排除するってのは、安倍政権のやり方そのもの。
桜ー桜

「リスペクト」って言葉が、頭に浮かんだ私であります。

  1. 2017/04/18(火) 06:13:32|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうなる?清川村議選

4月18日(火)告示、23日(日)投票で清川村議選が行われる予定。
定数10に対して、11人が立候補予定とか。
村のおばあちゃんによれば、どなたかは存じませんが「変なのが二人出る」とか。
「ちゃんと働いてくれないと困る」との言葉、その通り!

日本共産党からは、藤田義友議員が10期目に挑戦。
清川の山吹

藤田事務所の帰りに、村役場の向い側、道の駅のそばにある「おやじの花畑」に寄りました。
おやじの花畑

おやじのチューリップ畑

ところが、「今回のチューリップを最後に終了」。
その理由は、お店ができるため。
村で唯一のコンビニもなくなり、公設民営の店舗(クリエイト)を誘致したとの話を、藤田議員から聞いていましたが、やはりここだったのか。
神奈川でただ一つの村を売りに、移住を勧め、子育て施策も盛りだくさんの清川村。
花大根?

厚木もすぐ隣だし、負けてはいられないな。
先日は、人口減少が止まらないとの国の発表があったばかりだし。

今朝の駅頭宣伝では、以前の研修会での「恋愛は、社会を継続するうえで、重要な要素である」との教授の言葉を言いつつ、子どもを産み育てやすい社会をつくろうと訴えました。
  1. 2017/04/17(月) 14:02:40|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

政務活動費収支報告書を提出。厚木市議会では今年度から公開。

議員の政務活動費について、不適切なものが明らかになるなどして、関心が寄せられました。
全国の議会で政務活動費の公開をしています。
厚木市議会は、昨年度までは請求しないとみることができませんでした。
今年度からは市役所本庁舎の1階の情報コーナーで政務活動保収支報告書(コピー)を、簡単に見ることが出来るようになります。

NZラグビー代表選手歓迎レセプション
4月11日の夜、ニュージーランドのラグビー代表選手の歓迎レセプションで。
NZ大使館の公使(一番背が高い方です)を囲んで、他の参加者と。
飲食は政務活動費ではありません。

平成28年度分の提出期限が4月末で、公開の準備(コピー等)があるので、7月ごろから公開の予定です。
是非、各会派・議員の政務活動の様子をご覧ください。
公開になったら、私も見に行くつもりです。

今年の夏以降、市役所に来ることがあったら、1階の情報コーナーに寄ってみてください。
  1. 2017/04/14(金) 06:37:00|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜の花びら

まちを歩くと、新し気な雰囲気のスーツ姿や制服姿が目に留まる。
桜も開ききって、花びらが風に舞う中、新年度も10日目。
伊勢原南公民館の近くの桜

先日、桜餅を食べた。
この葉が美味しいんだけど、これが嫌いという人もいて。

さて、国内の情勢は?
そして、世界の情勢は?

森友学園が、と思っている間に、国会では共謀罪法案が審議入り。
アメリカ単独でのシリア空爆を支持する、日本の首相。
伊勢原南公民館近くの民家の蕾

自分に関係ないと思っていても、どこかでつながっている。
地球は丸く、世界は一つ。
誰もが、その一員なのです。
  1. 2017/04/11(火) 06:10:38|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

場外舟券発売場(ボートレースチケットショップ)が本厚木駅近くに?

3月12日(日)に場外舟券発売場(ボートレースチケットショップ)を計画している事業者が、地元説明会を開いた。
事業概要の説明のためで、賛成・反対をきくものではないとのことであった。
場所は、本厚木駅北口側にある、高速バスの発着所の向い側、第2曾田ビルのパチンコ店の2階。
窓口8窓程度の小規模で、1日の入場者800人、売り上げ800万円を見込むとのこと。
第2曾田ビル、高速バス停

かつて、厚木ではボートピア進出の話が2回あった。
2004年の旧長崎屋の時は反対の住民運動があり、市民団体や自治会が議会に陳情を出した。
議会は全員一致で採択。
2011年の旧パルコの時は釘丸議員の一般質問で市長も反対と。
それなのに、なぜここで進出計画が?
エステの満開の桜

当該ビルに行ってみた。
青少年の健全育成-ではない印象。
厚木の中心市街地に、場外舟券発売場ができたらどうなる?
「子育て・教育環境日本一」をうたう厚木市に!
舟券を買いに、毎日800人がここに来ることを考えると、とても賛成はできない。
厚木市の体感治安が改善しているというのに。

住民説明からひと月になろうとしているが、反対と言う地域住民も多い。
市民団体からは反対の動きがおきている。
  1. 2017/04/09(日) 06:37:49|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0