政務活動費の透明性の向上に関する決議(全国市議会議長会)と厚木市の条例

地方議員は報酬と別に、各自治体ごとに定められた政務活動費を使い議員活動をしています。
昨年も、地方議員の政務活動費の使途について問題になり、今年2月9日付けで全国市議会議長会が決議を行い、決議文が各議員に配布されました。
2月5日の大山

政務活動費の透明性の向上に関する決議
 政務活動費については、一部の地方議会において私的流用や不適切な使用など不正受給事案が相次いで明らかとなり、地方議会や議員に対する住民の信頼が大きく揺らいでいる。
 政務活動費は、交付を受けた会派または議員が使途基準を遵守するとともに、支出についても住民に対し説明責任をしっかりと果たしていくべきものであり、会派及び議員がこのことを強く自覚しなければならない。
 また、各議会においても、住民の信頼を得られるよう、適切な手法により政務活動費の透明性のより一層の向上を図っていく必要がある。
 我々市議会議長は、強いリーダーシップを発揮し、取り組んでいく所存である。
 以上、決議する。
2月5日の雲

 厚木市では「厚木市議会政務活動費の交付に関する条例」で、議員の「調査研究その他の活動に資するため必要な経費の一部として」交付すると定められています。
その範囲は「調査研究、研修、広報、住民相談、要請、陳情、各種会議への参加等市政の課題及び市民の意思を把握し、市政に反映させる活動その他住民福祉の増進を図るために必要な活動に要する経費」です。
議員一人に月額6万円で会派ごとの支給となります。
 3月末締めなので、2月定例会議が終わったら、政務活動費の報告書類作成に集中します。

スポンサーサイト
  1. 2017/02/23(木) 06:03:08|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相模人形芝居大会

2月19日(日)の午後、厚木市文化会館で第44回相模人形芝居大会がありました。
相模国に江戸から明治にかけて15座あったけれど、現在は5座。
「相模人形芝居連合会」を作っていて、その公演会です。

 小田原市 下中座:御所桜堀川夜討 弁慶上使の段
              (ごしょざくらほりかわようち べんけいじょうし)

 南足柄市 足柄座:伽羅先代萩 政岡忠義の段
             (めいぼくせんだいはぎ まさおかちゅうぎ)

 平塚市 前鳥座:艶容女舞衣 酒屋の段
             (はですがたおんなまいぎぬ さかや)

 厚木市 林座:菅原伝授手習鑑 寺子屋の段
           (すがわらでんじゅてならいかがみ てらこや)

 厚木市 長谷座:藪鶯恋枝道 小磯ヶ原の段
            (やぶうぐいすこいのえだみち こいそがはら)

途中で、林座による人形芝居教室が。
人形の仕組みや、人形遣いの説明と実演の後、各座の出演者が人形といっしょに客席に入り、観客が人形に触ったり写真を撮ったりと、ふれあいの時間がありました。
人形の頭(かしら)の髪は本物の人毛で、国内産は少ないので中国産という説明に、複雑な気持ち。

第45回相模人形芝居大会は、来年の2月12日(日・祝)に、横浜西区紅葉丘の神奈川県立青少年センターで開かれます。

 
  1. 2017/02/22(水) 06:23:19|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厚木中央公園の遊具が変わりました

工事中だった厚木中央公園の遊具の場所ですが、ここで新しい遊具に変わりました。
昨年の10月11日から工事現場を囲っていましたが、2月16日にオープン。
子ども用のものだけでなく、健康遊具もできたので、ちょっと体験してみました。

普段の運動不足を実感している身、ちょっとやってみるだけで、ずいぶんスッキリ。
通りかかった年配のご婦人が興味ありげに近づいきたので、声をかけたら体験していました。

移動困難になったら自由にあちこち行けなくなってしまいますから、運動機能を維持・向上できるように心がけないとね。
  1. 2017/02/22(水) 06:01:04|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一般質問、通告。3月1日(水)です。

2月定例会議の一般質問は、3月1日(水)・2日(木)・3日(金)です。
2月20日の正午が一般質問の通告締め切りで、すでに5人が通告。
本日朝一番に出そうと8時半すぎていったら、先に出した議員とすれ違い。
7番目になりましたので、私は3月1日の午後4時からの予定です。
白梅 2月5日

1 市政一般について
 ア 災害時の対応について
  (ァ) 現状と課題は。
  (ィ) ボランティアの受け入れ体制は整っているか。

2 厚木市立病院について
 ア 新病院オープンについて
  (ァ) オープン後に見えてきた課題は何か。
  (ィ) 医療スタッフの充足状況はどうか。

いつもは釘丸議員と同じ日に続けてやっていますが、今回は通告人数が21人なので、7・7・7で、別々の日になりました。
  1. 2017/02/21(火) 06:18:05|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

衆議院神奈川「16区市民連合」が設立集会

衆議院選挙がいつになるか、わからないままですが、とにかく次の国政選挙は衆議院。
2月17日(金)の午後6時半からアミューで、「16区市民連合」の設立集会がありました。

初めに設立までの経過報告。

そして総がかり行動実行委員会の高田健さんの基調講演。

その後、すでに設立され活動している18区市民連合の方の話。

日本の政治が、本当におかしなことになっている。
変えたいという思いの人が、手をつなぎ行動する。
厚木を含む神奈川16区でも、その動きがはっきりした。
これからの活動に期待。
西高の梅

立憲主義・民主主義を取り戻したい野党も、手をつないでいかなくてはならない。
16区市民連合は、基本政策を出した。
今後は、昨年の参議院選挙でできたように、野党の共闘も広げていく必要がある。
  1. 2017/02/20(月) 06:22:49|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月定例会議の日程です

2月から3月にかけて、新年度予算を審議する議会が行われます。
「予算議会」ともいわれます。
平成29年厚木市議会第1回議会となります。

2月22日(水) 本会議(議案提案・市長市政方針演説)
2月23日(木) 本会議(議案(新年度予算)提案)
3月 1日(水) 本会議(一般質問)
3月 2日(木) 本会議(一般質問)
3月 3日(金) 本会議(一般質問)

3月 7日(火) 総務企画常任委員会
3月 8日(水) 市民福祉常任委員会
3月 9日(木) 環境教育常任委員会
3月10日(金) 都市経済常任委員会

3月21日(火) 本会議(討論・採決)

本会議と常任委員会、それぞれの面白さがあります。
ぜひ、傍聴においでください。
議場・委員会室の空気を感じてください。
  1. 2017/02/15(水) 06:39:07|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

府中市庁舎建設基本計画を聴く

厚木市議会中心市街地活性化検討協議会で、1月27日に府中市を視察し、中心市街地の活性化基本計画と庁舎建設基本計画について、説明を受けました。
2月9日の大山

庁舎建設基本計画について

平成21年度に庁舎の一部の耐震性能が構造耐震指針(Is値)が0.6を下回っていることが分かり、22年度に「府中市庁舎建設検討協議会」を設置し問題点整理や庁舎建設の基本的方針等の検討を行い、23年度に庁舎建設基本構想を策定しました。
市議会では22年度「市庁舎対策特別委員会」のちに市庁舎建設特別委員会を設置。

その後、検討協議会、市民検討協議会等を設置するなどして26年度は建設基本計画を策定。
27年度は設計者を選定し27年度に基本設計ができました。
2月7日、南東の雲

事業手法については民間資金を利用して民間に施設整備と公共サービスの提供をゆだねるPFIも検討しましたが、新庁舎の早期実現が求められることと市民意見と行政ニーズを取り入れながら設計を進めることができるため直接建設方式を採用します。
他市のPFI検討状況の事例でも、後年度負担、期間、「公」が責任を持って管理運営を行うことが適切、などの理由でPFIでなく市直接で実施する手法をとっていることが示されています。
29年10月までに実施設計を完了予定です。

この間は、広報の新庁舎特別号を4号、さらに詳しい「庁舎建設ふちゅうかわら版」を10号発行するほか、アンケートやパブリックコメント、市民説明会も行っています。
また、市から出向く取り組みとしてイベントのブースを出展し市民へ説明し意見を聞いています。
説明の中では、庁舎建設に向けて、市民や議会の意見も聞き進めてきたようすが多々話されました。
2月11日の雪の大山と田んぼ

昨年の11月14日には、厚木市議会の研修で、茅ケ崎の新庁舎建設についてみてきました。
反対運動もあった中での庁舎建て替えでした。
反対があったからこそ、より無駄なくしっかりしたものを建てるとの強い思いを皆が持ったことが感じられました。

厚木市でも庁舎建設が大きな課題となっています。
他市の状況を学びながら、より良い選択をしていくことが求められます。

  1. 2017/02/11(土) 06:18:34|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中心市街地活性化検討協議会で、府中市のi視察

1月27日、厚木市議会中心市街地活性化検討協議会では東京都府中市の中心市街地活性化施策調査視察を行いました。
視察項目は①中心市街地活性化基本計画について、②庁舎建設基本計画、の2点です。
府中市、広報棚
   パンフ等、スライド式

府中市は東京都のほぼ中心に位置し新宿から22キロメートルで、東に調布市、西に国立市、南は日野市、多摩市、稲城市、北は小金井市、国分寺市があります。
奈良・平安時代に武蔵国を治めていた役所である国府があったので「府中」との地名とのこと。
昭和43年には3億円強奪事件が発生しました。
昭和29年に人口5万人で市制施行し、現在は29.34㎢に25万人、人口は現在も増えています。
府中市役所は市のおおむね中心にあります。
府中市内には、因幡の白兎で有名な大国主がつくったとされる大國魂(おおくにたま)神社があり、多くの文化財もあります。
大國魂神社

また、東京競馬場は府中市が施行者で大きな収入源だそうです。
府中市内にはボートピア多摩川がありますが府中市は運営に関係なく、大田区にある平和島競艇場は府中市が施行者です。

府中市中心市街地活性化基本計画について
中心市街地は府中駅およびけやき並木通りを中心に北側府中公園から南側が府中本町駅までの62.29ヘクタールです。
府中駅南口再開発やにぎわい創出のためのまちづくり、国史跡の保存整備・活用等、様々な事業が行われていましたが、いずれも事業単位で考えられており、中心市街地をエリアとしてとらえた展開が図られていませんでした。
また中心市街地から離れた市内の調布基地跡地をイトーヨーカ堂が取得し大型商業施設を整備、近隣市の多くでも駅前再開発が進み人の流れが変化することが予想されるため、中心市街地活性化基本計画の策定をすることとなりました。
府中市、市民談話室

平成26年11月に内閣府と相談を開始し、基本計画(案)を策定、28年6月に認定されました。
国の認定が割合短期間で取れた理由について、市の担当者は、
「国からはなんで府中がとの意見があった
国の中活は効果が上がっていない。衰退する前に必要と訴えた。
落ちかけているときに対応し、商業の活性化を図ると。
市長の、何が何でもとの強い思いがあった」と話しました。
府中市博物館

基本計画は平成28年7月から34年3月までの5年9か月。
課題
 ①経済活力の向上
 ②回遊性の創出
 ③市民交流の推進
活性化のテーマ
 「にぎわい創出により市民や来訪者が集い交流する、
          文化・歴史のある中心市街地の形成」。
目標については、現状と33年の数値を掲げています。
 ①大規模商業施設の年間販売額
 ②東京競馬場タイアップ年間利用組数
 ③公共施設年間利用者数
府中市庁舎の垂れ幕

主な事業は府中駅南口再開発、新庁舎建設、国史跡保存活用、商業支援、ラグビーのまち推進などです。
ハード事業が多いので、今後はソフト事業を展開してしたいとのことでした。
認定後は、国からの支援の活用、新たな組織機構(まちづくり会社)の創設と民間主導によるスピード感と柔軟性をもったまちづくり、市民へのPRに取り組むとのこと。

府中市と厚木市の立地・環境条件などの違いは大きいものの、自分のまちの特徴を踏まえ国に訴えていく姿勢を感じました。
*庁舎建設基本計画についての説明もありました。
  1. 2017/02/10(金) 06:57:10|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夫曰く「今日からおじいちゃん」

昨日の朝、夫が言った。
「今日から、おじいちゃんか」と。
夫の子に子が生まれたので、夫はおじいちゃんだ。
2日目の孫
夫の妻であり、夫の子の母である私は何になるのかな。
  1. 2017/02/09(木) 18:57:11|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

市民防災研修会ー演奏会中に地震!

2月4日(土)、市と自主防災隊連絡協議会主催の市民防災研修会、後半は「避難訓練コンサート」でした。
コンサート中に地震が起きたーとの想定です。
演奏を中止し、シェイクアウト訓練、さらに演奏会終了後には会場の外への避難訓練。
まずは、神奈川県警察音楽隊の演奏。
太陽にほえろソロ

「錨をあげて」、「太陽にほえろ」ときて、3曲目「川の流れのように」の途中で緊急地震速報が鳴りました。
シェイクアウト訓練
事前に、床に膝をついて頭を下げ、座席の背板より頭を低くして、頭を守ると説明を受けてはいたのですが、頭がたくさん出ています。
立っているのは、県警音楽隊員が客席に降りて、指導しているところ。
「緊急地震速報」が鳴っても、どうしようという感じで、お互いを見ている人が、意外と多い状況でした。
誰かの指示を待っている感もある。
この場にいる人の多くは防災に関して関心があるのに、いったいどうしたの?
率先して避難行動をする人になることを言われているはず。
先日の議員研修で、「東日本大震災で津波から歩いて避難している人が、走っているつもりだったのに体が動かなかった」との話を聞きました。
発災時に、落ち着いて、すぐ行動することの重要性が言われていました。
とっさに判断しどう行動するかに、命がかかっているのです。
事前にいわれても、すぐに動かないのでは、突然の地震に動けるわけなどないことを実感。
日頃の訓練と意識がいかに大切かがわかりました。

そのあとは演奏会。
音楽隊の演奏

カラーガードの演技。
スカジャンのカラーガード

演技だけじゃありません。
振り込め詐欺に注意!
ポイント1 前の電話番号に確認する
ポイント2 本当の家族かどうかを確認する
カラーガードからご注意
だまされるな  その電話!! 電話の相手は  ニセモノだ!

フラッグ演技です。
カラーガードの旗演技

演奏会終了後に、会場の外への避難訓練。
会場外への避難訓練
出口がどこかは事前に丁寧な説明がありましたので、並んで落ち着いて外へ出ましたが、本当に地震が起きたらどうでしょう。

帰りに「「川の流れのように」を最後まで聞きたかったと」の声が聞こえてきて、何やら可笑しかった。

この日、横浜で10時から17時まで議員向けの研修があり、遅れていくことにしておりました。
12時ごろ出て午後の研修に出席と思っていたのですが、避難訓練を見なくてはと、結局最後まで研修会に参加してから行ったので、一番ききたかった「国保の広域化」には間に合いませんでした。
資料を見て、釘丸議員から教えてもらうことにします。
  1. 2017/02/07(火) 16:14:13|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

市民防災研修会ー見たくないものも目をそらさずに

2月4日(土)、厚木市文化会館で、厚木市と厚木市自主防災隊連絡協議会主催の「市民防災研修会」が行われました。共催は神奈川県厚木警察署と(公財)厚木市文化振興財団です。
第1部は講演、第2部は避難訓練コンサートです。
始まりは10時。例年なら12時の終了ですが、今回はコンサート付きで午後1時半まででした。

今回は、例年以上に、災害への危機感を持たざるを得ないーと感じた研修会でした。
まず市長が「地震は来る。必ず来ます。それを受け入れてほしい」と始まり、具体の事例を言いながら「防災無線は100%ではない。広報車、FM・防災ラジオなどあるが、大切なのは近所から近所。避難勧告、まずは早い段階で判断する。空振りでも良しとしたい」、「今日の研修を地域に帰って、より多くの人に伝えること」とあいさつ。

第1部 講演 「見たくないものも目をそらさずに震災対策を
 講師は、名古屋大学減災連携研究センター長の福和伸夫教授です。

福和教授の専門は建築耐震工学、地震工学、地域防災です。
「地震はいつ起きるかわからない。自分は逃げやすい場所で」ーとステージ階段そばの非常口に近くに立ち話しました。
福和教授

石油、ガス、電気などの施設は海のそばに多く、災害が発生すれば供給が止まる。
日本ではこれまで、実に多くの自然災害が起きている。
災害をわがことと思って、対策を作るきっかけにしよう。
見たくないものを見ないで対応しないから、「想定外」となる。

映画「シン・ゴジラ」は、政府の責任を分担・転嫁し合う縦割り組織と意思決定力の弱さを表している。
公の力を頼っていたら何も進まないだろう。
シン・ゴジラ

熊本地震で西原村は震度6弱と震度7。500棟が全壊で死者5人。
人口6900人、面積77㎢、役場職員66人で防災担当は一人。ポンプ車・救急車は各1台。
村を頼れないと、消防団は255名。24班に各1台の消防車。
消防団の活動により、地震翌日の未明には全員の安否確認ができた。
西原村の話

1人の百人力より、100人の1人力を。

ここには書ききれないことがたくさんあります。皆さんも、ぜひ機会を見つけて研修等にご参加ください。
この後は第2部 避難訓練コンサートが行われました。
  1. 2017/02/07(火) 06:27:03|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

町田市立博物館へ行く

厚木市郷土資料館にポスターが貼ってあったので、町田市立博物館へ行ってみました。
町田市立博物館は町田駅からバスで14分、さらに住宅団地を通る徒歩10分近くですが、思っていたより交通の便が良かったので、行きやすく感じました。
「昔話の道具」展。
町田市立博物館

厚木市郷土資料館にあるものも多く、特別珍しいというほどではないにしても、ことわざと昔話で部屋を分けての展示で、それぞれ、面白く見てきました。
町田市立博物館内にて

ことわざ「二足の草鞋を履く」
草鞋と草履
二足の草鞋

昔話「かさ地蔵」
傘地蔵
傘、いろいろ

厚木市の博物館も新しくなります。下川入の菁莪小学校跡地に(仮称)あつぎ郷土資料館を建設します。
中心市街地から大分遠くなるので、現在地よりも行きにくくないかと心配しています。
  1. 2017/02/06(月) 11:28:49|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あゆコロちゃんの誕生日セレモニー

厚木市市制施行日は2月1日です。
市のマスコットキャラクター「あゆコロちゃん」の誕生日は、当然、2月1日。
で、2月4・5日とお誕生日おめでとうのセレモニーがアミューあつぎでありまして、私ものぞいてきました。
あゆコロちゃんお誕生日セレモニー

家族連れがたくさん。
わたくしは、ちょっと恥ずかしいので端っこで見ておりました。
あゆコロちゃんお誕生日ケーキ

別な部屋にも行ってみると、近所の人がいて・・・。
ピンクのカードをもらったので、せっかくだからとメッセージを書いていたら、違う人に「議員さんもこんなところに来るんですね」と。
いや~、議員じゃなかったら来ないですよ、55歳にもなって。
白梅

でも、にぎやかで、参加した皆さんはとても楽しそうでした。
記念の直定規を買いました。
あゆコロちゃん定規
  1. 2017/02/05(日) 21:06:33|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0